子供の英語教育の必要性は?!バイリンガルに聞いた話を暴露します



<目から鱗特集>記事を読む前に・・・

無料で英会話教室が体験できる!?

わたし
このサイトに来てくれたあなたは、
今まで以上に英語が必要な時代がやってくると気づいているとおもいます。
あなたは日常生活や仕事で使うことはないかもしれませんが子供が大きくなった時にはどうでしょうか?
英語ができない、それだけで子供の可能性が失われる
「なんでもっと小さい頃から英語を学ばせてくれなかったの?」と子供から問いかけられた時、あなたは子供を納得させられるだけの説明ができるでしょうか?
私には、できません。
今、ほんの少し勇気を出すだけで子供の将来の可能性は無限大に広がります。
想像してみてください、あなたの子供が大きくなった時世界を舞台に活躍する姿を
英語教育をいつまでも先延ばしにしていてはいけないと、あなたは本当は気づいているのではないですか?
まずは無料の英会話教室に親子で参加することから始めてみましょう!
評判の良いものをピックアップしました
どちらも5分で読める記事です
子供の未来のために、5分だけ投資してみてください。後悔はさせません

グローバルクラウン

家族で使えるクラウティ


わたし

子供に英語を習わせるか迷ってるんだけど、

最近「英語教育不要論」聞くようになったんだ。

それらしいことを言っているし、正直判断できないよ。

こんなお悩みを持つ方に答えるために、マルチリンガルの友人から話を聞きました。

 

友人は高校を卒業するまでの18年間を海外で暮らした後、

日本に来ました。話せる言語は日本語に加え、

「英語」「フランス語」で、高校から大学時代は

「中国語」と「韓国語」も日常会話程度なら話せたそうです。

 

その方が、今まで経験してきたことを、赤裸々に教えてくれました。

最初に断言しますが、「英語教育は必要」だそうです。

 

英語教育をするかどうか迷っている間に機会を逃してしまうのはもったいです。

この記事では、英語がプログラミング学習で活かされるという話もしていますので、

是非最後までご覧になって、判断材料にしてください。

英語教育不要論

バイリンガルの友人
英語不要論って何?
わたし
その字の通り、幼児教育に英語は不要というだよ
友人
そんな話あるんだ!聞かせて!
わたし
はーい

 

有名な予備校教師や俳優などが発言をして話題になった英語不要論。

親が躍起になって子供に英語教育をする風潮に、一石を投じましたね。

 

例えばこういう発言があります。

はっきり言ってしまうと、小さいころに英語をやってもあまり意味がないです。

それどころか、「早くからやりすぎると弊害が出てしまう」ので、

それならばやらないほうがマシだと思っています。

~中略~

子どもは大人と違い、既成概念にとらわれずに、ユニークな考えを発展させることができます。

つまり、脳が発達し世界が広がっていく時期でもあるのです。

幼児期に必要なのは、英語の学習よりも、そうした思考の発達だと思います。

引用:「子どもの英語教育は意味なし」 東大卒ママが考えるデメリット

子供の時期は、思考力の発達を促す教育の方が大切で、

英語教育は良いどころか弊害になるという主張です。

 

わたし
友人はどう思う?

バイ(マルチ)リンガルは苦労する?!

~ここからは友人の言葉を借ります~

英語教育が不要だという話は、理解できなくはありません。

僕は大学のころ日本に来て、日本語でとても苦労をしました。

 

来たばかりの頃は、会話ができても文字を読むのが遅かったのを覚えています。

当時、メーリングリスト(今でいうグループLINEのようなもの)が流れてきても、

長文が読めなくてスルーしていたら大事な情報だったということがよくありました。

 

就活の時期は、エントリーシートや履歴書を書くのに

日本語力が必要で、とても大変。

 

就職してからも、仕事の勉強や電話応対で

新しい日本語を学ばなければいけませんでしたし、

役所や銀行の手続きなどは日常会話で使わない日本語をたくさん使う必要がありました。

 

 

友人
ご査収って何?!
友人
御中とか様はどっち使うの?!
友人
戸籍謄本って何よ!!
友人
「大丈夫」ってYESなの?NOなの?どっち?!

 

こういう時に、日本語の語彙力の無さを感じたし、

実生活での苦労は多々ありました。

友人
周りの日本人はすぐ覚えるのに、自分はなんで覚えが遅いんだろう・・・

と悩んだこともあります。

 

この経験を通じて、英語教育を早くに始めることによって

デメリットが生じるのは仕方のない事実ということを強く感じました。

 

私の場合は、「家庭では日本語、外ではフランス語」という環境でした。

もう少し詳しくいうと、

「父母との会話は日本語」で「弟との会話とテレビはフランス語」でした。

 

そのため、日本語もフランス語も、

それぞれ使う時間は一か国語話者に比べて少なかったと思います。

 

1日は24時間しかありませんよね。

仮に自分が起きている時間を単純に12時間だとしたら、

6時間を日本語で、6時間をフランス語で会話します。

 

12時間全部をどちらか一方の言語で過ごしている子供に比べて、

語彙の発達が遅れるのはしょうがないことですよね。

 

わたし
そっか。じゃあやっぱり、子供には英語を教えたくないの?
友人
それはNO。絶対教えるよ

 

それでも英語教育を【強く】勧める理由

ここまでデメリットを多く書いてきたけど、

僕はそれでも英語教育をオススメします。

 

その理由は、

ラベル名
  • 発音が近い言語を学びやすくなるから
  • 座学が向いていない子供だと、語学習得のハードルが上がるから
  • プログラミング言語は英語だから

です。以下で、詳しく解説しますね。

発音が近い言語は学びやすい

僕の経験上、発音が近い言語は学びやすいです。

普段からフランス語を使っていたので、

英語の発音で苦労した記憶はありません。

 

逆にいうと、英語が難なく話せる人がフランス語を学びたいとなった時、

すぐに習得できちゃいますよってことです。

 

ちなみに、フランス人のうち半分以上はマルチリンガルですし、

英語は日常でよく耳にするので、ほとんどの人が聞き取りはできます。

 

日本で例えると、標準語と関西弁みたいな感覚です。

 

さらに私は日本語が話せたので、

高校時代に韓国語の授業を受けた時に、

周りの学生よりも早く発音できるようになりました。

 

韓国語と日本語の発音は似ているんですが、

フランス語や英語とは似ていないので、

フランス人はとても苦労していました。

 

つまり、英語と日本語を幼児期にマスターしていれば、

その後の人生で他の言語に興味を持った時に、

より幅広いスムーズに習得できると思うのです。

言語選択の幅が広がります。

 

僕たちの子供が大人になるころは、国際化がもっと進んでいます。

闘う舞台は世界です。でも子供がどの国を選ぶか分からないから、

親として少しでも選択肢を増やしておくことが大切だと考えています

座学が向いていない子供だと、語学習得のハードルが上がる

日本の英語教育は、現状座学中心です。

これは、初めて触れる英語が「お勉強」になってしまう子供がいるということです。

 

これでは、お勉強が苦手な子供は「英語も苦手」とインプットされてしまいますよね。

本来英語は「言語」なので、生活しながら自然と身につくものですが、

この段階で苦手意識を持ってしまうと、その後英語から遠ざかってしまいます。

 

所説ありますが、一般的に言語習得は早ければ早いほど良いとされているので、

幼い時期に英語から離れるのはもったいないと思います。

 

僕自身、中学生からフランス語したとしたら、習得できなかったと思います。

プログラミング言語は英語だから

これは持論ですが、今後プログラミングの知識は必須になってくると思います。

英語と同様、プログラミングも小学校で教えるなんて話があるんですから、

国もそれは分かっているんですよね。

 

AIが進化し普及していく過程で、プログラミング技術の需要はますます高まります。

開発はもちろんのこと、システムのトラブル対応でもプログラミングの知識は必要です。

 

これから様々な仕事がAIに置き換えられるといいますが、置き換えていくのは人間です。

まずは人間がAIを操るのです。僕たちの子供世代は、

手足のようにプログラミングを駆使する必要があるでしょう。

 

プログラミングには、英語力は必要です。

プログラミングのコードは、全て英語で書かれています。

コードで使う英語単語くらいは、難なく理解することができた方が良いでしょう。

 

余談ですが、サイトを作るためのプログラミング言語でも

Head(ヘッド)、Body(ボディ)、Footer(フッター)等の英語が使われていますね。

  • サイト上部の部分を作る時はHead(頭)というタグを使い、
  • 真ん中部分を作る時はBody(体)というタグを使い、
  • 下部の場合はFooter(脚)というタグを使います。

これって、体の部分に対応しているから理解しやすいですよね。

このように英単語がわかれば、プログラミングの理解度が全然違うのです。

タグとは

直訳すると「札」です。

「この情報には『Head』という札を貼っているので、

サイトの上部の話をしているんですよ」

とパソコンに教えるための印です。

 

プログラミング社会を迎える子供たちに英語を教えるのは、

理にかなっていると思います。

バイリンガル学習で注意すること

 

子供に英語教育をしたければ、触れる時間を均等にした方が良いと思います。

子供は覚えるのが早いですが、忘れるのも早いです。

使用頻度に偏りが出ると、少ない方の言語は物凄い早さで忘れていきます。

 

親が英語を話せるのであれば、親子の会話は必ず英語で行い、

外では日本語を使う。親が英語を話せないのであれば、

積極的に触れる機会を作ることを心がけてください。

 

また、日本語と英語を混ぜて話すと混乱します。

メリハリをつけて、「今は日本語だけ」「今は英語だけ」と、

しっかり伝えることが大切です。

 

そして一番大切なのは、本人も親も楽しんで英語に触れることです。

勉強勉強となると、本人も親もやる気が削がれていきます。

テストの点数や周りの人との差に焦らず、地道に楽しんで学んでください。

まとめ

  • 英語不要論は理解できる部分ある
  • バイ(マルチ)リンガルは語彙を増やす際に苦労する
  • 子供の英語教育を強く勧める理由
    • 発音が近い言語は学びやすい英語⇔フランス語、日本語⇔韓国語など)から
    •  座学が向いていない子供は、語学習得のハードルが上がるから
    • これからがプログラミングの時代になり、プログラミング言語は英語だから
  • バイリンガル学習で注意すること
    • 触れる時間を均等にする
    • 日本語と英語を混ぜて話さない
    • 本人も親も楽しんで学習する

以上です!お読みいただきありがとうございました!

 


これからの未来、「英語がわからない」は通じません。

2020年から小学校で英語が必修化されました
その時に備えて、もう準備は万全でしょうか?
・英会話は学ばせたいが、何からやったらいいのかわからない
・そもそも自分は英語が全くわからない・・・
わたし
焦って月額制の高額な英会話教室に通わせる必要は全くありません。
毎週毎週送迎する必要もありません。
あなたが英語を話せなくても、大丈夫です。
「子供に語学を学べる環境」を提供してあげましょう
おすすめの教材は、他と比べて安価かつ効果的、自宅で学べる
セブンプラスバイリンガル

楽天4部門ランキングトップ
  • 英語ランキング第1位
  • 教材ランキング第1位
  • 学び・サービスランキング第1位
  • 通信講座・通学講座教材ランキング第1位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です