中学受験の英語導入はいつから本格化する?いつから始めるべき?



<目から鱗特集>記事を読む前に・・・

無料で英会話教室が体験できる!?

わたし
このサイトに来てくれたあなたは、
今まで以上に英語が必要な時代がやってくると気づいているとおもいます。
あなたは日常生活や仕事で使うことはないかもしれませんが子供が大きくなった時にはどうでしょうか?
英語ができない、それだけで子供の可能性が失われる
「なんでもっと小さい頃から英語を学ばせてくれなかったの?」と子供から問いかけられた時、あなたは子供を納得させられるだけの説明ができるでしょうか?
私には、できません。
今、ほんの少し勇気を出すだけで子供の将来の可能性は無限大に広がります。
想像してみてください、あなたの子供が大きくなった時世界を舞台に活躍する姿を
英語教育をいつまでも先延ばしにしていてはいけないと、あなたは本当は気づいているのではないですか?
まずは無料の英会話教室に親子で参加することから始めてみましょう!
評判の良いものをピックアップしました
どちらも5分で読める記事です
子供の未来のために、5分だけ投資してみてください。後悔はさせません

グローバルクラウン

家族で使えるクラウティ


2019年に英語(選択)入試を実施したのは首都圏で125校。

去年と比べ13校増えた数字となっています。

実施校が15校のみであった2014年と比べると約8倍近く増加しています。

中学受験の英語導入はいつから本格化し、なぜ英語が導入され始めたのでしょうか?

気になる情報をお届けいたします!

なぜ中学受験に英語が導入され始めたの?

今までは中学受験の入試科目は多くとも国語、数学、理科、社会が一般的でした。

現在20代前半の私が当時中学受験した際でもそれが常識だったのに今の受験生達は本当に大変です。

中学受験に英語が導入され始めた背景には2020年の大学入試改革が挙げられます。

2020年以降の大学入試では、「センター試験」が廃止され「大学入学共通テスト」が新たに実施されます。

大学入学共通テストでは数学と国語に記述式が導入され、

英語に関しては2023年度までは大学入試センターが出題する問題+英語の民間資格・検定試験、

2024年度からは英語の民間資格・検定試験に一本化されるのです。

これを受けて中学校、高等学校の方でもそれに対応する教育体制を

敷いていく必要があるため早期から英語の能力が少しでも高い人材が欲しいというわけです。

また、2020年に小学校の方でも3・4年生の英語が必修化され、

5年生から英語が教科化されることが決まっており、

これも中学受験に英語が導入され始めた理由の一つといえるでしょう。

もうひとつ挙げるとするならば、近年の日本社会のグローバル化でしょうね。

日本の英語教育の水準は他の先進国と比べても決して高いわけではありません。

また、日本の英語教育は文法やリーディングに重きを置いており、

リスニング能力やスピーキング能力を欠いたものである!との声も大きいです。

そのため、小学校の頃から英語に触れされて耳や会話力を鍛える教育にシフトしていっているようです。

そして今、日本の企業では英語の公用化が進んでいます。

楽天、ユニクロを展開するファーストリテイリング、

資生堂など名だたる大企業が英語公用化を掲げています。

このようにこれからの日本社会では英語力を持った人材が求められているのです!

これらの理由からより英語力を持った人材を育成するため

中学受験でも英語が必要になったのではないかと推測されます。

中学受験への英語導入はいつから本格化する?

中学受験の英語はいつから本格化するのでしょうか?

中学受験の英語の本格導入は2022年ごろからではないかと言われています。

この理由は、先ほども書きましたが2020年に小学5年生から英語が教科化されるためです。

2020年に小学5年生になる子供たちが中学入試をする2022年に英語を入試科目として必須化すると考えられます。

また、2022年に英語を入試科目として必須化する中学校が出現するのに伴って

その後数年間で「英語の選択入試」から「英語の必須入試」に移行することも予想に難くありません。

中学受験で出題される英語のレベルは?

中学入試で出題される英語のレベルとはどのようなものなのでしょうか?

だいたい英検4級~2級の間くらいの難易度になるのではないかと言われています。

一例として英検の準2級のレベルを日本英語検定協会のサイトの過去問の一部からみてみましょう!

(日本英語検定協会のサイトから抜粋)

このようなレベルですね。

この程度の問題が中学入試の英語科目で出題されるというのですから恐ろしい話ですよね。

中学入試のための英語の入試対策はいつから始めるべき?

早ければ早い方がいいと思いますが、

中学受験を控えた子供たちが学習塾に通い始めるのは小学校3年生

4年生くらいからが多いですし(私の家もそうでした)、それくらいで始めるのがベストだと思います。

しかし、小学校5年生や6年生から始めても間に合わせる子たちはいますし、

やはり個人の裁量に依ると言えるのではないでしょうか?

その代わり、遅く始めればそれだけ他の科目を含め詰め込む量が多くなるとは思いますが…。

・*:..。o○?*゚・*:..。o○?*゚・*:..。o○?*゚・*:..。o○?*゚・*:..。o○?*゚・*:..。o○?*゚

まとめ

中学受験、、、しんどいですよね。

これから中学受験のお子さんを持つ親御さんたちも精神的に苦労を強いられるものです。

私も中学受験経験者で当時見事第一志望に合格できましたが

やはり両親や先生方の支援がなければ合格は手にできなかったと思います。

でも、その後の大学受験で挫折を味わってしまったわけなんですけど(笑)。

人生は山あり、谷ありっていうやつですね。

それも、いまでは私の人生経験の一つとなり精神的にも強くなりましたが、、、(苦笑)

最後になりますが、中学受験を控えたお子さん本人や親御さん達が、

これからの中学受験で成功を収めることを切に願い、笑顔で卒業できますように!

頑張ってください!

過去に皆さんと同じで中学受験をした者として、勝手ながら応援しています!(´∇`)


これからの未来、「英語がわからない」は通じません。

2020年から小学校で英語が必修化されました
その時に備えて、もう準備は万全でしょうか?
・英会話は学ばせたいが、何からやったらいいのかわからない
・そもそも自分は英語が全くわからない・・・
わたし
焦って月額制の高額な英会話教室に通わせる必要は全くありません。
毎週毎週送迎する必要もありません。
あなたが英語を話せなくても、大丈夫です。
「子供に語学を学べる環境」を提供してあげましょう
おすすめの教材は、他と比べて安価かつ効果的、自宅で学べる
セブンプラスバイリンガル

楽天4部門ランキングトップ
  • 英語ランキング第1位
  • 教材ランキング第1位
  • 学び・サービスランキング第1位
  • 通信講座・通学講座教材ランキング第1位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です