英語を留学して学ぶ費用は、年間300万円!費用を節約する方法は?



<目から鱗特集>記事を読む前に・・・

無料で英会話教室が体験できる!?

わたし
このサイトに来てくれたあなたは、
今まで以上に英語が必要な時代がやってくると気づいているとおもいます。
あなたは日常生活や仕事で使うことはないかもしれませんが子供が大きくなった時にはどうでしょうか?
英語ができない、それだけで子供の可能性が失われる
「なんでもっと小さい頃から英語を学ばせてくれなかったの?」と子供から問いかけられた時、あなたは子供を納得させられるだけの説明ができるでしょうか?
私には、できません。
今、ほんの少し勇気を出すだけで子供の将来の可能性は無限大に広がります。
想像してみてください、あなたの子供が大きくなった時世界を舞台に活躍する姿を
英語教育をいつまでも先延ばしにしていてはいけないと、あなたは本当は気づいているのではないですか?
まずは無料の英会話教室に親子で参加することから始めてみましょう!
評判の良いものをピックアップしました
どちらも5分で読める記事です
子供の未来のために、5分だけ投資してみてください。後悔はさせません

グローバルクラウン

家族で使えるクラウティ


英語を本格的に学ぶぞ。英会話のCMみたいにぺらぺら話せるようになって、

外資系企業でバリバリ働く、世界中を旅行するなど、英語を身につけたら、違う世界が見えるような気がしますよね。英会話教室に行って一生懸命英語を勉強する、通信教育で勉強する、はたまた英語学科のある大学にもどって再度勉強するなど、英語を学ぶ方法はいろいろあります。

そのような中でも、短期間に本物の英語力を身につけるには留学が1番だと多くの人が考えると思います。実際に英語圏に留学して学ぶ費用はどのくらいかかるのでしょうか?また、留学費用を抑える方法はあるのでしょうか。

渡航先ごとの費用の目安は?

アメリカ

英語圏の国で日本人が一番に思い浮かべる国と言えば、そうアメリカ。

最近はトランプ大統領が日本のお茶の間にたくさんのネタを提供していますが(笑)、英語だけではなく、様々な学問を学ぶ留学先としても人気が高い国です。

そんなアメリカで1年間の語学留学にかかる費用はおよそ300万円!

滞在費用の大きな内訳としては、学費150万円、住居費100万円、その他生活費50万円が標準的な相場です。

イギリス

英語発祥の地?イギリス。日本で習う英語のスペルはアメリカ英語です

が、イギリス英語の発音は独特で、アメリカ英語よりも日本人には発音しやすい気がします。

そんなイギリスに1年間語学留学するときにかかる費用は、およそ250万円。

内訳は学費100万円、住居費100万円、その他生活費50万円が相場です。

カナダ

日本人にも人気の留学地ですが、カナダはもともとイギリス領であった ことと、アメリカに近いことからイギリス英語とアメリカ英語をきれいにミックスした外国人にとっては習得しやすい英語が学べます。

カナダはアメリカと比較すると通貨が割安であることから、アメリカや イギリスへの留学よりも割りやすいになります。費用の目安としては、約200万円程度が多いようです。内訳は学費100万円、住居費50万円、その他生活費50万円程度となります。

留学費用を抑える方法は?

これまで各国への留学費用を見てきましたが、できればかかる費用は抑えたいですよね。ここでは留学費用を抑える方法を紹介します。

チケット代を抑える

航空券代を抑える航空券は割高な場合も多いので、帰国時は現地で取る と割安になりますよ。

住居費を抑える

ホームステイや学校付属の寮を多くの留学性が選択すると思いますが、割高になりがちなので、現地に1,2ヶ月滞在して慣れたらシェアハウスを探すと住居費を半分程度に抑えられます。

保険料を抑える

海外旅行保険は一般の保険会社で加入すると20万円ほどかかります。 

20万円あれば、2か月分くらいの生活費になりそうですね。

保険料を安く抑えるコツは現地で保険に加入すること。ただし、現地に到 

着して右も左も分からない時に保険の加入なんてできないですよね。そん

な時は、クレジットカードに付帯している海外旅行保険を活用すれば、最初

の数カ月はその付帯保険で損害をカバーできます。

ただし、クレジットカード付帯保険の補償期間は最大90日の場合が多く、

診察時には一旦立て替え払いが必要なケースもあるので注意が必要です。

奨学金を活用する

これまで、語学留学にかかる費用と費用を節約する方法を見てきましたが、1番費用を抑える方法は返済不要の奨学金を利用することです。

留学生用の奨学金は大学での学士取得などを要件としているものが多く、語学留学に使えるものはあまり多くはありませんが、お住いの地域の自治体などが現地での広報活動を要件として奨学金を貸与する場合もあります。

語学留学をしたいが貯金もあまりない。

お金が貯まるまで待つより、早く行動したいという方は、奨学金を活用するのも手だと思います。

まとめ

1 留学して英語を学ぶ費用は約200~300万円

2 ルームシェアや保険料を抑えることにより節約可能

3 奨学金は門戸は狭いが、一番の節約効果は大きい

留学して英語を学ぶと日本国内で英会話に通うよりも何倍もの費用が必要となりますが、現地の人々が実際に使っているリアルな英会話を学べ、日本では遭遇しないような貴重な体験もできる機会です。お財布と相談しながら、留学する夢を叶えて頂ければと思います。


これからの未来、「英語がわからない」は通じません。

2020年から小学校で英語が必修化されました
その時に備えて、もう準備は万全でしょうか?
・英会話は学ばせたいが、何からやったらいいのかわからない
・そもそも自分は英語が全くわからない・・・
わたし
焦って月額制の高額な英会話教室に通わせる必要は全くありません。
毎週毎週送迎する必要もありません。
あなたが英語を話せなくても、大丈夫です。
「子供に語学を学べる環境」を提供してあげましょう
おすすめの教材は、他と比べて安価かつ効果的、自宅で学べる
セブンプラスバイリンガル

楽天4部門ランキングトップ
  • 英語ランキング第1位
  • 教材ランキング第1位
  • 学び・サービスランキング第1位
  • 通信講座・通学講座教材ランキング第1位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です