海外での英語の略語4選紹介!様々な英語が略されて使われている!



<目から鱗特集>記事を読む前に・・・

無料で英会話教室が体験できる!?

わたし
このサイトに来てくれたあなたは、
今まで以上に英語が必要な時代がやってくると気づいているとおもいます。
あなたは日常生活や仕事で使うことはないかもしれませんが子供が大きくなった時にはどうでしょうか?
英語ができない、それだけで子供の可能性が失われる
「なんでもっと小さい頃から英語を学ばせてくれなかったの?」と子供から問いかけられた時、あなたは子供を納得させられるだけの説明ができるでしょうか?
私には、できません。
今、ほんの少し勇気を出すだけで子供の将来の可能性は無限大に広がります。
想像してみてください、あなたの子供が大きくなった時世界を舞台に活躍する姿を
英語教育をいつまでも先延ばしにしていてはいけないと、あなたは本当は気づいているのではないですか?
まずは無料の英会話教室に親子で参加することから始めてみましょう!
評判の良いものをピックアップしました
どちらも5分で読める記事です
子供の未来のために、5分だけ投資してみてください。後悔はさせません

グローバルクラウン

家族で使えるクラウティ


国内・海外共に世界標準語とされて使用頻度が上っている英語。

国内ではビジネスや授業で学習した事を応用して活かされています。

英語は海外旅行に行った際にも大変重宝されますので、是非覚えて置きたいものでありますね。

わたし
自分は海外旅行に行った事はありませんが、外人の方を知人に持っていますので、当然英語は必須の言語です。
日常的に使う英語を主に使用していますが、真面目に覚えておくのは大変重要です。

英語には略語があります、それは日本語も同様の事です。

今回はその略語の中からとても身近な英語を4選ご紹介します。

海外英語の略語その1 感謝の略語

まずは1つ目から行きましょう。

人に感謝する際に使われる英語といえば、Thank youが想像されると思います。

このThank youにも略語があります。

その略語とはthnx又はTYとなっています。

わたし
発音の際は通常のThank youと言えば良いです。
文字に捉われず、内容をしっかり理解すれば海外で常用されている略語は問題無しです。

一見すればまるで暗号の様になってはいますが、歴とした英語で常用されている言葉です。

この略語をしっかりマスターすれば、相手への感謝の思いを言葉や短縮した文章で伝える事が出来ますので、「英語が苦手なのに、更に暗号みたいで難しそうで嫌だな」って悲観的に思わなくても、特に心配する必要はありません。

海外英語の略語その2 人に頼む際の略語

次は人に英語で頼む際の略語です。

何か物事を人に頼む際は、日本語でも「頼む!」や「お願い!」って頭を下げたり、

手を合わせたりして相手に伝えたりします。

 

英語も同じです。

その際の言葉は、普通はPleaseですよね。

そのPleaseにも略語があるんです。

その略語とは、plsです、結構短縮されていますね。

わたし
自分はこの略語を初めて見た時は意外だと思いました。
もう少し長いかなって思ったり、2文字の大文字で短縮されていると思ったりもしました。
これはこれで分かり易くて、普段から使って行ける略語ですね。

pleaseの場合は覚え易い略語ですので、英語が苦手な人でも難しく考える必要はありません。

逆にこちらの方が使い易く感じますので、好都合だと思って頂ければと思います。

海外英語の略語その3 評価する際の略語

人に対して評価をしたり、されたりする時に使う英語にも、略語はあります。

やはりこういった際の言葉に無いと何だか悲しく感じますね。

わたし
人に評価をされて信頼を得たり、逆に信頼をするのは大変重要な事です。
例え言葉が略されていても、その人に伝わる気持ちがあれば、それだけで充分である事には変わりはありません。
大切な事は、その言葉が活かせるかどうかです。

そして、その言葉とはgoodの事です。

とても身近な英語ですし、自分達日本人でも日常的に使う英語です。

この英語を略語にすると、gd又はgudとなります。

この略語を見ても大して難しく感じませんし、覚え易いです。

わたし
この略語は個人的にも見た事があります。
と言いましても、掲示板や動画サイトで別の使い方でしたが、それでも親しみが湧きますね。
正式な意味を知った事で、英語の奥深さを感じ、より一層楽しく感じます。

とても身近な存在であるgoodもこうした略語がある事を改めて知る事が出来たかと思います。

こうして略語となっても、人に伝える言葉はまだ沢山ある事について、より一層理解する事が出来ます。

海外英語の略語その4 別れの挨拶に使う略語

 

最後は別れの際の挨拶に使う略語です。

これはどの国でもある言葉であり、マナーとして捉えられます

わたし
これは誰でも分かるかと思います。
この略語は挨拶として覚えておく事でも必要だと思いますし、略語だけに簡単になりますので損は無いです。
こうしてどんどん覚えて行って海外の日常的な略語をマスターしましょう。

その別れの際の挨拶に使う略語とは、See youの事です。

これも、とても身近な言葉に入りますね。

この言葉の略語とはcyaと言います。

わたし
実際に発音してみると、「シーヤー」となります。
何だかイタリア等のヨーロッパ風な感じの略語になっていますね。
略語だけに覚え易いですし、若干気分はヨーロッパ。
不思議な感じでもありますが、その中に英語の面白さもあるので、この略語を是非海外で親しくなった人が居れば、使ってみたいですね。

この様に別れの際に使うSee youにも、ちゃんと略語が備わっている事がはっきりと分かりましたね。

この略語は挨拶であるhelloと共に使う頻度が大変多いですので、しっかり覚えておく事をお勧めします。

まとめ

今回は海外使われる英語の略語4選を紹介しました。

以下がまとめとなります。

  • 感謝を表現する際の略語にはthnx又はTYを使用する。
  • 人に頼む際の略語にはplsを使用する。
  • 人を表する際の略語にはgdを使用する。
  • 人と別れの挨拶に使う略語にはcyaを使用する。

 

こうして、言葉が略されて覚え易くなったとしましても意味は変わりません。

相手に自分の感情が伝わればそれで結果は良いのです。

それが、コミュニケーションツールとなり、多種多様に活かされる事でしょう。

 


これからの未来、「英語がわからない」は通じません。

2020年から小学校で英語が必修化されました
その時に備えて、もう準備は万全でしょうか?
・英会話は学ばせたいが、何からやったらいいのかわからない
・そもそも自分は英語が全くわからない・・・
わたし
焦って月額制の高額な英会話教室に通わせる必要は全くありません。
毎週毎週送迎する必要もありません。
あなたが英語を話せなくても、大丈夫です。
「子供に語学を学べる環境」を提供してあげましょう
おすすめの教材は、他と比べて安価かつ効果的、自宅で学べる
セブンプラスバイリンガル

楽天4部門ランキングトップ
  • 英語ランキング第1位
  • 教材ランキング第1位
  • 学び・サービスランキング第1位
  • 通信講座・通学講座教材ランキング第1位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です