英語で自己紹介も怖くない!中学生英語で最高の第一印象をGetしよう



<目から鱗特集>記事を読む前に・・・

無料で英会話教室が体験できる!?

わたし
このサイトに来てくれたあなたは、
今まで以上に英語が必要な時代がやってくると気づいているとおもいます。
あなたは日常生活や仕事で使うことはないかもしれませんが子供が大きくなった時にはどうでしょうか?
英語ができない、それだけで子供の可能性が失われる
「なんでもっと小さい頃から英語を学ばせてくれなかったの?」と子供から問いかけられた時、あなたは子供を納得させられるだけの説明ができるでしょうか?
私には、できません。
今、ほんの少し勇気を出すだけで子供の将来の可能性は無限大に広がります。
想像してみてください、あなたの子供が大きくなった時世界を舞台に活躍する姿を
英語教育をいつまでも先延ばしにしていてはいけないと、あなたは本当は気づいているのではないですか?
まずは無料の英会話教室に親子で参加することから始めてみましょう!
評判の良いものをピックアップしました
どちらも5分で読める記事です
子供の未来のために、5分だけ投資してみてください。後悔はさせません

グローバルクラウン

家族で使えるクラウティ


上司

今日から新しく、我が社の部署に転勤でやってきたMikeくんだ。

同じ職場だから仲良くしてやってくれよ。

Mike
コンニチハ、ニホンゴベンキョウチュウデス。ヨロシクオネガイシマス。
ともだち

英語苦手なんだけどなぁ。同僚ってことであいさつしなきゃ。

せっかくだから英語で伝えられたらいいんだけど。

何を話せばいいのか分からない・・・

 

わたし

こんな時、みなさんはどんな自己紹介をしますか?

英会話の学習を始めて、最初に取り組む課題が「自己紹介」ではないでしょうか。

こんな時にスマートに自己紹介できたらいいのになぁと思いませんか?

 

しかし、英語で自己紹介が得意!!という方はなかなか聞きません。

中学生の時から、自己紹介の英語は習ってきたはずですが、

その場になると頭が真っ白!!になってしまって、口から言葉が出てこない・・・

そんな経験をしたことはありませんか?

人前で話すことだけでも苦手なのに、ましてや英語なんて!!

という方もいらっしゃるかもしれません。

ただし、「自己紹介」は、相手に自分のことをよく知ってもらい、相手と良い関係を築く絶好のチャンスです。

うまく「自己紹介」ができたら、その内容がきっかけとなって、

後で共通の趣味や話題で盛り上がることができるかもしれません。

そして、その人との話すチャンスが増えれば増えるほど、関係性が深まり、

友達や同僚としてお互いに信頼できるパートナーとなっていくはずです。

第一印象が大事とはよく言いますが、この「自己紹介」で相手の心をつかめなければ、

プライベートやビジネスの様々な場面で、せっかくのチャンスを無駄にしてしまう可能性だってありますよ!

一般的な自己紹介に使う英語自体は難しくはありません。

中学生英語で十分です。

ただし、その簡単な英語で、相手に好感を持ってもらえる「自己紹介」をするにはコツが必要です。

わたし
わたしが海外で生活する中で出会った友達と交わしてきた「自己紹介」の経験から、中学生で習った簡単な英語表現だけで、

相手に最高の印象を与えることができる実用的な「自己紹介」をお教えします!

これまで中学校で習ってきた「自己紹介の英語」の問題点

中学生の時から、自己紹介の英語は習ってきたはずです。

ただし、どんな「自己紹介の英語」を習ってきたか、ちょっと思い出してみてください。

中学生

①あいさつ:Hello, everyone.(みなさんこんにちは)

②名前:My name is Kenichi, please call me “Ken”.(私の名前は健一です。ケンと呼んでください。)

③誕生日、年齢:My birthday is April 14th, and I’m 15 years old.(私の誕生日は4月14日で15歳です。)

④家族構成I have two brothers. (私は2人の兄弟がいます。)

⑤趣味:I like playing soccer.(私はサッカーが好きです)

⑥締めの言葉:Nice to meet you.(よろしくお願いします)

 

わたし

これを冷静に、初対面で出会う人に話す内容かどうか考えたことってありますか?

学生のとき授業中に、日本人の友達どうしで英語の練習で話すのにはアリだと思います。ただし、実生活で使える英語表現なのでしょうか?

海外生活が長い私には、いきなり自分の誕生日、年齢、家族構成を初対面で伝えることの違和感があります。

外国では、そもそも年齢を気にする文化がありません。また家族関係もプライベートなこととして、仲良くならないとそうそう聞くものではないです。

 

たとえ日本語でも、皆さんが初めて会った人に自己紹介する時に、この例文みたいな話はしないですよね??

その結果として、いざ英語で自己紹介するときに「何を話してよいか分からない」となってしまうのです。

 

日本語の英語教育の問題と言ってしまえばそれまでですが、

「中学校で習った英語の自己紹介」は表現と文法を覚えるためのもので、実用的ではないわけです。

では、どのような自己紹介であれば、簡単でかつ相手の興味を惹くことができるのでしょうか?

 

「自己紹介」で最も重要なのは「内容」

当たり前のことですが、初めて会った人が知りたいと思う情報を自己紹介に盛り込むことが大事です。

そのためにはまず初めて人と会ったときに、聞きたくなることを思い浮かべてみてください。

そうすると、初めて会った人に話す内容というのはおのずと決まってくるはずです。

 

初対面の人に聞きたいこと

相手は何をしている人なんだろう?

→①現在の職業や状況(学生、社会人、主婦など)

どこの国、地域に住んでいる人なんだろう?

→②出身や地域(どんなところか)

自分と相手の共通の趣味はあるだろうか?これからもっと仲良くなれるチャンスはあるだろうか?

→③趣味や休みの過ごし方など

どんな性格の人なんだろう?

→④最近あった出来事に対しての感想(個性が見えるエピソード)

わたし
この4つを押さえるだけで、あなたのことがもっと知りたくなる本当に魅力的な自己紹介になりますよ!項目ごとに見ていきましょう。

 

 

①職業や状況(学生、社会人、主婦など)

まずは、自分が普段何をしているかということが、自己紹介の基本です。

むしろネイティブ同士のコミュニケーションでは、自分から話さなくても、あいさつの後に初対面の相手に決まって尋ねるフレーズがあります。

What do you do ?(何をしていますか?) 

全く知らない人がこのフレーズを聞くと、

「今、何をしているのか。」ということを答えてしまいそうですが(例えば、今から買い物に行こうとしている。など)、それは間違いです。

実際は、職業や現在の状況を聞く決まりきったフレーズです。

学生ならば、I am a university student.(私は大学生です。)

主婦ならば、I’m a house wife.(私は主婦です。)

社会人ならば、I work for a travel company.(私は旅行会社で働いています。)

などと答えることができます。

英語の小話
ちなみに、英語の表現では、全ての人が必ずしも働いているとは限らないので、「What do you work?」とあえて聞かないことで相手に配慮していると言われます。I’m looking for the job.(私は仕事を探しています。)といった返答もできますね。

②出身や地域(どんなところか)

わたし
わたしが海外で生活していて、I’m from Japan.(私は日本の出身です。)と自分の出身を伝えると必ず尋ねられるフレーズがあります(笑) つまり、相手が最も知りたいことなので、自己紹介に盛り込みたいですね。

Which part of Japan do you live in?(日本のどこに住んでるの?)

Are you not from Tokyo?(東京じゃないの?)

 

日本のことが好きな外国人でも、なかなか47都道府県を全て知っている人は少ないと思います。

むしろ、東京と大阪、広島、北海道、沖縄以外の県を知っている外国人には感心します。逆に私たちも他の国の都市名は首都以外はそんなに知らないですよね??

出身地をその名前だけ伝えても、その県を知らない外国人にとっては魅力のある自己紹介になりません

そこで、①場所をイメージさせる、②県の特色をイメージさせる表現を加えましょう。

I live in Niigata. It takes 6 hours to get to  Tokyo by car.

(私は新潟に住んでいます。車で東京から6時間です。)

It’s not famous city,but we have a lot of ski resorts. We enjoy skiing every winter.

(有名な都市ではありませんが、たくさんのスキー場があって、毎年スキーを楽しむことができます。)

上の例では①場所をイメージさせるために、東京からの距離を説明しています。

また②特色として、雪が多い気候ということを説明しています。

参考 便利な表現

方角を説明する(northern 北の、southern 南の、eastern 東の、western 西の)

I live in Aomori in the northern part of Japan(私は日本の北に位置する青森県に住んでいます。)

すぐ近くを説明する(close to~ 近くの、next to~ 隣の)

I live in Chiba very close to Tokyo.(東京都にすぐ近くの千葉県に住んでいます。)

I live in Nara next to Kyoto.(京都府の隣の奈良県に住んでいます。)

有名なものを紹介する(famous 有名な、popular 人気のある)

I live in Kyoto. There are a lot of popular temples or shrines.

(京都に住んでいます。そこには人気のお寺や神社がたくさんあります。)

I live in Osaka. It’s very famous for foods such as ‘Takoyaki’ or ‘Okonomiyaki’.

(大阪に住んでいます。たこ焼きやお好み焼きのような食べ物が有名です。)

 

 

③趣味や休みの過ごし方

やはり自分の好きなことを相手に知ってもらうということが大事ですよね。

休みの過ごし方が、相手に共感してもらえるものであれば、そこから交際が始まるきっかけになりますから!

参考 好きなことを紹介する表現

like to+動詞の原形/ like+動詞のing形 (~することが好きです)

I like to play guitar.(私はギターを弾くのが好きです。)

I like listening to music.(私は音楽を聞くことが好きです。)

My favorite+名詞 is~(私のお気に入りは~です。) 

My favorite music is Jazz.(私のお気に入りの音楽はジャズです。)

My hobby is~(私の趣味は~です。) 

My hobby is travelling around the world.(私の趣味は世界を旅行することです。)

自己紹介を充実させるFor exampleとBecause

わたし
中学生で習った英語で、自己紹介の内容を充実させることのできる簡単な表現です。それぞれの項目に例示(たとえば・・・)理由(なぜなら・・・)を使うだけで、文が充実します。ぜひ、自分の好きなことを紹介する文の中では、具体例や理由を挙げて説明しましょう。
参考 例示、理由の表現

I like watching movies. For example, Harry potter,Toy story and Disney ones.

(私は映画を見ることが好きです。例えば、ハリーポッターやトイストーリー、ディズニー映画などです。)

I like playing sports such as soccer or baseball.

(私はサッカーベースボールのようなスポーツをすることが好きです。)

For exampleは、2つ以上の物事をandで繋ぐことができますが、such asは基本的に2つの物事をorで繋ぐ使い方をします。

My hobby is cooking,because I like to eat delicious foods every day.

(私は料理が趣味です。なぜなら、私は毎日美味しいものを食べることが好きだからです。)

I like reading many books to learn new things.

(私は新しいことを知るために、たくさんの本を読むことが好きです。)

※to+動詞の原型でも、理由(~のために)を表すことができますね!

 

個性が見えるエピソードを盛り込もう

ここまでの自分の職業、出身地、趣味や好きなことは、一回話すことを決めてしまえば、それを覚えればどんな相手、場面でも同じ言い回しが使えます!

わたし
ただ、同じような自己紹介を何回も繰り返していると、自分が飽きてきてしまうことがあるかもしれません。せっかくですから、自分の近況を紹介することと合わせて、自分のコメントを添えるとあなたの個性が自己紹介を通して相手に伝わりますよ!

 

④最近あった出来事とその感想(個性が見えるエピソード)

中学校で習った現在、過去、未来の時制だけでも、意外と自分の近況は説明できるものです。

例えば…

ちょっと前の出来事(過去形を使って)

I went to the cinema to watch ‘Bohemian Rhapsody’ last week. And I couldn’t stop crying while watching it.(私は先週ボヘミアンラプソディーを見に行きました。映画を見ながら涙が止まりませんでした。)

I bought a new TV yesterday. And I like to stay home and watch TV on holidays.(私は昨日テレビを買いました。休みの日は家でテレビを見て過ごすことが好きです。)

最近挑戦していること(進行形を使って)

I‘m trying to go to Yoga class these days,because I want to lose my weight.(私は最近ヨガの教室に行くようにしています。なぜなら体重を減らしたいからです。)

I‘m studying Chinese on my own nowadays. I want to make friends from China.(私は最近独学で中国語を勉強しています。中国の友達を作りたいです。)

これからの予定(未来形を使って)

I‘m going to travel to Okinawa next month. I can’t wait to go there!(私は来月沖縄に旅行する予定です。そこへ行くのが待ちきれません。)

I will show you pictures of my child if you want. It’s when we went on picnic last weekend.(もしあなたが望むなら私の子供の写真を見せましょう。その写真は先週末にピクニックに言った時のものです。)

 

未来を表すbe going toとwillの使い分け

be going to~は、すでに決まっている予定を表す表現ですが、will はこれから~しようという意思未来を表す表現です。willを使う場合は実際にそうならなくても良いという意味では、I will go on diet from tomorrow!(明日からダイエットを始めるぞ!!)という表現も可能ですね笑

ちょっとした話題づくりに、上記のような自分の近況を紹介できたらその後の会話のきっかけになりますね!!

もちろん、近況はその都度変わるものなので、少し難易度は高めですが、過去、現在、未来のどれか1つでも紹介できる話題があればぜひチャレンジしてみてほしいと思います。

 

 

まとめ

ここまでのことを踏まえると、こんな自己紹介ができるようになります。

わたし

①あいさつ:Hello, everyone.(みなさんこんにちは)

②名前:I’m (自分の名前), please call me “(ニックネーム)”.(私の名前は~~です。~~と呼んでください。)

職業や状況:I’m a teacher. I teach English at junior high school.  (私は中学生に英語を教えています。)

出身や地域: I live in Hokkaido. It’s very cold in winter, but many tourists come skiing every year.(私は北海道に住んでいます。冬はとても寒いですが毎年たくさんの観光客がスキーをしに来ます。)

趣味や休みの過ごし方:I like to go shopping on holidays, because I can forget everything while looking around the whole department store.(私は休日には買い物に行くのが好きです。なぜなら、デパートのすみずみを見て回るあいだは全てを忘れることができるからです。)

最近あった出来事とその感じ方:I finally bought two cats in the pet shop last weekend. I can’t wait to see them until coming back home everyday. I’m still trying to decide their name, such as ‘TAMA’ or ‘MIKE’. (私はとうとう先週末にペットショップで2匹の猫を買いました。毎日家に帰るまで、彼らに会いたくてたまりません。未だに彼らの名前を決めかねてます。タマとかミケとか。。)

⑦締めの言葉:If you have a pet, please tell me how to name them?(もしあなたがペットを買っていたらどうやって名前を付けるべきか教えてくださいね)

 

もちろん自己紹介の場面も、大勢を前にスピーチのように話すのか、2人きりの場面で会話のように話すのかによっても異なるとは思いますが、

どちらにしても、聞く相手があなたのことをもっともっと知りたいと思うような内容であればあるほど、あなたの第一印象を決める自己紹介は成功だといえるでしょう。

ぜひポイントを押さえて、ユニークなあなただけの自己紹介を考えてみて下さいね。

 


これからの未来、「英語がわからない」は通じません。

2020年から小学校で英語が必修化されました
その時に備えて、もう準備は万全でしょうか?
・英会話は学ばせたいが、何からやったらいいのかわからない
・そもそも自分は英語が全くわからない・・・
わたし
焦って月額制の高額な英会話教室に通わせる必要は全くありません。
毎週毎週送迎する必要もありません。
あなたが英語を話せなくても、大丈夫です。
「子供に語学を学べる環境」を提供してあげましょう
おすすめの教材は、他と比べて安価かつ効果的、自宅で学べる
セブンプラスバイリンガル

楽天4部門ランキングトップ
  • 英語ランキング第1位
  • 教材ランキング第1位
  • 学び・サービスランキング第1位
  • 通信講座・通学講座教材ランキング第1位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です