英語の勉強は月に何回?塾や英会話に通うなら、何曜日がいい?



<目から鱗特集>記事を読む前に・・・

無料で英会話教室が体験できる!?

わたし
このサイトに来てくれたあなたは、
今まで以上に英語が必要な時代がやってくると気づいているとおもいます。
あなたは日常生活や仕事で使うことはないかもしれませんが子供が大きくなった時にはどうでしょうか?
英語ができない、それだけで子供の可能性が失われる
「なんでもっと小さい頃から英語を学ばせてくれなかったの?」と子供から問いかけられた時、あなたは子供を納得させられるだけの説明ができるでしょうか?
私には、できません。
今、ほんの少し勇気を出すだけで子供の将来の可能性は無限大に広がります。
想像してみてください、あなたの子供が大きくなった時世界を舞台に活躍する姿を
英語教育をいつまでも先延ばしにしていてはいけないと、あなたは本当は気づいているのではないですか?
まずは無料の英会話教室に親子で参加することから始めてみましょう!
評判の良いものをピックアップしました
どちらも5分で読める記事です
子供の未来のために、5分だけ投資してみてください。後悔はさせません

グローバルクラウン

家族で使えるクラウティ


英語の教材を使ったり、塾や英会話に通っているけれど、聞き取れないし話せない。

いつになったら英語を話せるようになるの?

と、心が折れかかっている方もいるかもしれません。

どれだけ勉強すれば英語が身につくのだろう?

英会話を頑張っている筆者が調べたところ、日本人が英語を習得するのにかかる時間はなんと「2200時間」!

心が折れた方、安心してください。トータルで見ればすごい時間ですが、細かく分ければそうではないかもしれません。一緒に検証していきましょう。

救いの1200時間?

英語に比較的近い言語と言われるフランス語やドイツ語は「600〜700時間」程度で習得できるのに対し、日本人の習得時間は「2200時間」。

すごい差ですね。

しかし、私たち日本人は、中学・高校の英語の授業ですでに「1200時間」の英語を学習済みです。

つまり、理論的には残り「1000時間」の英語学習をすれば英語をマスターできることになります!

と書いていながら、私は単純に疑問を感じました。

英語の専門職の人や英語に関わる一部の人を除いて、一般的な大人はむかし中学・高校レベルの英語をならっても、その全てを覚えているのだろうか?

中学レベルなら大丈夫だという人は多いでしょう。

私も、完璧ではないでしょうが、自信は持っています。

I have a pen.

大丈夫でしょう。

しかし高校レベルはなかなか覚えていらっしゃる方は少ないのではないでしょうか。

文法の分厚い本と分厚い単語本、いまも本棚に置いてはありますが、パラパラ見ていると難しい文法や要素が詰まっている…

ふう、と見なかったことにして本棚にもどします。

あれ? 筆者さんは英会話習ってるんじゃなかったっけ?

そうです。習っています。

しかし英会話はどれだけシンプルかつ快適に話すかに重点を置いているので、難しい文法などはあまり使いません。

使ったほうがいい時もあるのでしょうが、私が注意されるのは、もっと簡単に言え。ということです。

例えばこの間「楽しかったか?」と英語で聞かれ、「Yes, I had a very good time(楽しかった) 」と答えると、「I enjoyed.」で済ませろと言われて目からウロコでした。

そんなに簡単に言えちゃうの!

高校で習った過去形過去分詞形難しい文法ぶっ飛ばしじゃないか!

あの苦痛は何だったんだ!と。

いろいろ長くなりましたが、とりあえず高校時代の英語学習はみなさん忘れちゃったとして、中学時代の英語の時間を勝手に「1000時間」引いちゃいました。

つまり、英語学習は、大人は「1200時間」勉強すればいいのです!

さあ、細分化していきましょう。

 

何年、幾月、何日?

1200時間の英語学習。まず1年の365日で割ってみましょう。

1200/365は3.2876…

つまり毎日3時間。

子供の頃ならまだしも、大人になると非現実的な数値ですね。

では2年の730日で割ってみましょう。

1200/730は1.6438…

1日に1時間半強。

ちょっときついですね。意欲がある人なら良いのですが…

3年の1,095日で割ってみます。1200/1,095は、1.0958…。

1日1時間です。これならいけそうですね!

1週間に2回英語を勉強するとしたら、1日3.5時間。

3回勉強するとしたら、7/3で1日2.3時間。

これなら手頃に学べそうです。

3年はかかりますが、継続は力なりということで、のんびり進めていくといいかもしれませんね。

 

何曜日に通うのがいいか?

 

さて、今回は週に3回2時間の勉強をする、という形で話を進めていこうと思います。

いったい何曜日に勉強したらいいのでしょうか? 考えてみました。

月、水、金 のパターン

一日飛ばしで土日を有意義に使えるこのパターンはテッパンですね。

予習、復習には少しタイトなスケジュールですが、塾や英会話教室もあいているベストなパターンかもしれません。

火、木、土 のパターン

これも月水金と同じで一日飛ばしのパターンです。

あいている土曜日だと2時間以上勉強できるかもしれません。

休みを英語に使いたい、英語が好きな方は、土日を利用して長く勉強し、人より先にステップアップを図れる可能性も。

月、火、水や三連続で続くパターン

忙しい方向けの集中的に勉強できるパターンです。

しかし予習や復習がしづらく、空いた曜日には勉強した内容を少し忘れてしまうかもしれませんね。

時間がない方は仕方ありませんが、効果は薄れてしまうかも。

復習には念を入れたほうがいいかもしれません。

スキマ時間を利用する

電車の中や待ち時間、タクシーでの移動中など、ちょっとでも勉強できる時間は多々あります。

私は車での移動中に、英語教材についていたCDをずっと流して、シャドウィング(あとを追いかけて話すこと)をしていました。

最初は何を言っているかわからなくても、ずっとリピートしていけばわかるようになります。

遠方に行く際なんかは「やった!英語できる!」と嬉しく思っていたくらいです。

有効なスキマ時間活用は、結構大事なのではないかと思います。

このように考えてみました。

しかし勉強したい方のスケジュールもいろいろでしょうし、今回はこの4つに絞っておきます。

まとめ「要は情熱」

いつ何日何曜日と、細かく述べてきましたが、やっぱり最後は英語に対する情熱です。

英語が大好きで勉強が楽しい!という筆者のような人は毎日でも勉強するでしょうし、逆に「仕事で覚えなきゃいけないんだよなぁ~」というスタンスの方は効率よく手際よく勉強したほうがいいかもしれません。

これは一概には言えないことです。

でも、英語を学ぶ上で、日本人の英語取得に要する2200時間、というものを大きく捉えすぎず、自分が決めた時間でのんびりと、長い目で見て、苦痛にならない程度に勉強するのが一番だと思います。

大切なのは楽しむこと。それを前提に、学習する時間を決めるといいでしょう。


これからの未来、「英語がわからない」は通じません。

2020年から小学校で英語が必修化されました
その時に備えて、もう準備は万全でしょうか?
・英会話は学ばせたいが、何からやったらいいのかわからない
・そもそも自分は英語が全くわからない・・・
わたし
焦って月額制の高額な英会話教室に通わせる必要は全くありません。
毎週毎週送迎する必要もありません。
あなたが英語を話せなくても、大丈夫です。
「子供に語学を学べる環境」を提供してあげましょう
おすすめの教材は、他と比べて安価かつ効果的、自宅で学べる
セブンプラスバイリンガル

楽天4部門ランキングトップ
  • 英語ランキング第1位
  • 教材ランキング第1位
  • 学び・サービスランキング第1位
  • 通信講座・通学講座教材ランキング第1位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です