英語学習で辞書を引くことの重要性は?実用的な学習方法を解説!!



<目から鱗特集>記事を読む前に・・・

無料で英会話教室が体験できる!?

わたし
このサイトに来てくれたあなたは、
今まで以上に英語が必要な時代がやってくると気づいているとおもいます。
あなたは日常生活や仕事で使うことはないかもしれませんが子供が大きくなった時にはどうでしょうか?
英語ができない、それだけで子供の可能性が失われる
「なんでもっと小さい頃から英語を学ばせてくれなかったの?」と子供から問いかけられた時、あなたは子供を納得させられるだけの説明ができるでしょうか?
私には、できません。
今、ほんの少し勇気を出すだけで子供の将来の可能性は無限大に広がります。
想像してみてください、あなたの子供が大きくなった時世界を舞台に活躍する姿を
英語教育をいつまでも先延ばしにしていてはいけないと、あなたは本当は気づいているのではないですか?
まずは無料の英会話教室に親子で参加することから始めてみましょう!
評判の良いものをピックアップしました
どちらも5分で読める記事です
子供の未来のために、5分だけ投資してみてください。後悔はさせません

グローバルクラウン

家族で使えるクラウティ


友人

辞書を引くのって本当にめんどくさい。いちいち時間がかかるし

わたし
知らない英語に出会ったらどうしてるの?
友人
辞書なしでも教科書や単語帳を見れば、単語の意味は分かるし、辞書なんてなくても勉強できるじゃん?

 

かくいう私も辞書が大嫌いでした。

高校生のころ、辞書を使うのが嫌で、机に向かう足が遠のいた記憶があります。

ただそのあと社会人になって海外留学を経験して、英語を学び直している時に、辞書の重要性を再確認しました。

辞書を引くことは、「なんとなく知っている英語」を「自分が実際に使える英語」に変える作業だと私は思います。

逆に言うと、辞書を引かずに英語を勉強している人は、もしかしたらその英語、使い方を間違えてるかもしれませんよ!?

今後の英語学習に活かすことができるように、辞書を引くことで得られるメリットを一緒に見直してみましょう。

どんな時に辞書を引きますか?~辞書の重要性~

まずはみなさんが辞書を引く場面を想像してみてください。

場面1
英語の文章を読んでいる時に読めない、意味を知らない英単語が出てきた時。 

このパターンが一番多いのではないでしょうか。

 

でも、それだけではありません。

場面2

学校の宿題で英作文やスピーチの課題が出て、単語の使い方を知りたい時。

実はこの場面②の方が、①よりもずっと実用的な使える英語を習得するのにとても重要です。

単語帳などで単語の意味だけ覚えれば、その英語を読むことが出来るようになります。

ただし、それだけでは正しい発音で、文章にして話したり、書いたりすることができません。

 

英語の4技能として知られていますが、単語の意味だけ知っていても、Reading(読む力)しか身につきません。一方で、辞書を使って正しい発音を知ることで、Listening(聞く力)につながり、正しい使い方を知ることでSpeaking(話す力)とWriting(書く力)を伸ばすことができます。

参考 英語の4技能

・Reading 読む力      ・Listening 聞く力

・Speaking 話す力       ・Writing 書く力

辞書の長所は、この4技能を全て伸ばすことができる点にあります。

重要 辞書を利用する目的

①意味(和訳)やスペル(つづり)を調べるReading(読む力)&Writing(書く力)UP

②発音やアクセントの位置を調べるListening(聞く力)&Speaking(話す力)UP

③用例(文法や熟語、単語の使い方)を調べるSpeaking(話す力)&Writing(書く力)UP

 

ここからは私の意見ですが、日本人は、ListeningとSpeakingが苦手な人って多いですよね?

日本の学校教育では、受験に向けた詰め込み教育から、読む力、書く力に重点を入れてきたことに原因があると思うのですが、

そのために「本当の英語の発音」に触れる機会が少なく、自分の頭の中にある英語の音声が、「本当の英語の発音」でなく、いわゆる「日本語英語」になっていることが問題です。

その「日本語英語」が頭にあっても、当然同じようには聞こえてこないのでListeningができない。そして、その「日本語英語」では外国の方に伝わりにくいのでSpeakingができないことにつながります。

「本当の英語の発音」を習得するには、幼い子供の方が有利なことは言うまでもありません。

言語習得における時期に、音の聞き分けに関して大人よりもずっと優れています。

英語の習い事は何歳からはじめると効果的!?最も最適な時期は

2019年3月5日

 

ただし、大人になってから「本当の英語の発音」を習得できないということではありません。

辞書を引くことによって、「本当の英語の発音」、「正しい英語の使い方」を学び直すことが必要だということなのです。

 

辞書を使わない方がいい場合もある?~速読と精読~

そうはいっても、英語の文章を読んでいる時、知らない単語に出会う度に辞書ばかり使っていたら、途方もない時間がかかってしまうことはありますよね。

学生の時にこのように言われた記憶はありませんか?

分からない単語があったら、前後の文脈から単語の意味を想像して、とにかくたくさん英語を読みなさい。

確かに、その通りです。前後で文脈から単語の意味を想像する力を付けること。

英語をたくさん読んで、たくさんの単語、表現に出会うことがマイナスになるはずもありません。

 

しかし、出会った単語、表現の正しい意味、使い方を知らないままに、次に行ってはいけません。

結局、また次に同じ単語に出会った時に同じように分からないままになるからです。

 

辞書を引いて、英語の文章の意味を理解して、文法を確認して丁寧に読むことを精読といいます。

この精読なしに新しい知識は増えません一方で、意味の分からない単語を飛ばし読みしながら、文章全体の意味をつかんでたくさんの英語を読むことを速読といいます。

 

つまり、おすすめの勉強方法は、

まずは速読、その後に辞書を使って100%の理解をする精読を繰り返すということになります。

重要 おすすめの勉強法

ステップ1 速読(まずは知らない単語の意味は文脈の前後で想像しながら読み飛ばし、文章全体の意味を捉えることを目的として、とにかくたくさんの英語を読む)

ステップ2 精読(速読した時に出会った意味や発音、使い方の知らない単語を辞書で調べながら、文法も読み解いて、文章の意味を100%理解する)

ステップ3 これらの繰り返しで、新しい英語の知識を増やしていく

 

おまけ① 結局どっちがいいの? ~紙の辞書VS電子辞書~

この議論は尽きませんよね。その昔、学生は紙の辞書を使うものだ。と主張する人もいたようですが、わたしは好みで選んで問題はないと思います。

両者を比較すると、よく次のように言われています。

紙の辞書のメリット
①好きなように書き込んだり、ふせんを貼って自分用にカスタマイズできる

②スペルのよく似た単語を一緒に覚えることができる

電子辞書のメリット
①紙の辞書よりも調べるスピードが早い

②多機能で、単語の用例を確認しやすい

音声で発音を確認できる

 

わたしは、英語の本当の発音を簡単に学ぶことができるという点では、私は電子辞書の方がおすすめだと思います。

もちろん紙の辞書にも発音記号は書いてありますが、

発音記号を読んで、正しい英語の発音を出すのは本当に難しいです。

 

その発音記号を読むための特別な勉強をしたことがある人以外は、音声で確かめるのが一番です。

えいごであそぼ 歌と遊びで英語を覚える番組 フォニックスのススメ!

2019年3月6日

 

おまけ② 結局どっちがいいの? ~英和辞典VS英英辞典~

こちらの議論も定番ですよね。

よく言われるのは、英語上級者になるにつれて、英英辞典が重要視されるということですが、こちらもメリットをまとめてみました。

英和辞典のメリット
① 英語学習初級者にも扱いやすい

② 英語の固有名詞に対して、はっきり対応する日本語が分かる

英英辞典のメリット
① 単語そのものが持つ本質的なニュアンスをつかむことができる

② 英語で物事を説明する表現を学ぶことができる

③ 類語、簡単な表現での言い換えを学ぶことができる

 

わたしが英英辞典を使う時は決まっています。

英和辞典で同じような日本語が書いてあって、その違いが日本語では分かりにくい時に使います。

 

例えば、”stomach”と”belly”という言葉

どちらも日本語では、「お腹、胃」と英和辞典に書いてあります。

これらを英英辞典で引くと

Belly

the front part of the human trunk below the ribs, containing the stomach and bowels.

(肋骨の下の胴体の人物の正面の部分、胃や腸を含む)

 

Stomach

the internal organ in which the major part of the digestion of food occurs,  ~以下略.

(食事の消化の主要な役割を果たす体内の臓器~)

 

Stomachの方が、体内の臓器に焦点を当てた意味のお腹を表す言葉だと分かります。

確かに、I have a stomachache.(お腹が痛いです。)という時には、大体胃腸の調子が悪くて症状を訴えますよね。

ちなみに、Bellyは海外の肉屋さんで「Pork Belly(豚バラ肉)」として売られていますよ(笑)

まとめ~英語を学ぶ上で辞書を引くことが重要な理由~

まとめ 英語学習で辞書を引くことが重要な理由

・「なんとなく知っている英語」を「自分が実際に使える英語」に変える

・4技能(Reading,Listening,Speaking,Writing)を向上させ、実用的な英語を身につける

・「本当の英語の発音」、「正しい英語の使い方」を学び直すことができる

・速読でたくさんの英語に触れて、辞書を用いて精読を行うことで、新たな知識が増える

私は社会人になってから、たくさん辞書を引くようになって、本当に英語の4技能のレベルが上がりました。

それと同時に、高校生の時に間違って覚えていた英語にもたくさん気付き、最初から辞書を引くことに時間をかけていれば、覚え直しに時間をかけることも必要なく、もっと効率がよかったのになと思います。

 

辞書は「単語の意味を調べるもの」とだけしか思っていなかった方は、ぜひこの記事を参考に、発音や用例にも目を向けて、本当に実用的な英語の習得を目指して、これからも英語学習をがんばってくださいね!


これからの未来、「英語がわからない」は通じません。

2020年から小学校で英語が必修化されました
その時に備えて、もう準備は万全でしょうか?
・英会話は学ばせたいが、何からやったらいいのかわからない
・そもそも自分は英語が全くわからない・・・
わたし
焦って月額制の高額な英会話教室に通わせる必要は全くありません。
毎週毎週送迎する必要もありません。
あなたが英語を話せなくても、大丈夫です。
「子供に語学を学べる環境」を提供してあげましょう
おすすめの教材は、他と比べて安価かつ効果的、自宅で学べる
セブンプラスバイリンガル

楽天4部門ランキングトップ
  • 英語ランキング第1位
  • 教材ランキング第1位
  • 学び・サービスランキング第1位
  • 通信講座・通学講座教材ランキング第1位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です