子育てに疲れた…魔の2歳の訪れとママとパパの疲労の限界突破法


<目から鱗特集>記事を読む前に・・・

無料で英会話教室が体験できる!?

わたし
2020年から英語必修化だし、
周りもどんどん準備しているから何かやらなきゃ・・・
と思っていたところに友人から
「無料で英会話教室を体験できる」と聞いたので、
口コミや詳細を調べてみました。

グローバルクラウンを無料で試す!

家族で使えるクラウティ を無料で試す


子どもが魔の2歳に入り、もう身体的にも精神的にも限界だ!!というあなた!!

2歳になると言葉も段々話せるようになり、「このおもちゃがほしい!」「まだここで遊んでたい!!」と自分のやりたいことが明確になり自我が芽生え始めて、とても大変な時期ですよね。

1日のストレスとしては大きくなくても、日を重ねるごとにストレスが溜まっていくものです。

私も2歳になる子どもと日々奮闘しており、ストレスが溜まることも多いですが、マインドを少し変えるだけで疲れがだいぶ取れるようになりました。魔の2歳の乗り越え体験談をご紹介していこうと思います。

魔の2歳とは??

“魔の2歳”という言葉を聞いたことがると思います。

魔の2歳とは、別名“イヤイヤ期”とも呼ばれ、名の通り何してもイヤイヤと自分の意志を強く主張する時期であり、親の思い通りに事が運ばなくなる魔の時期と言われています。

遊びたい欲が強すぎる

うちの子は四六時中遊びたいらしく、じっとしていることなんて寝ているときぐらいです(笑)

ご飯なんてゆっくり食えたことなど滅多にありません。

私がご飯を食べていてもお構いなしに「あそこで遊びたいから連れて行って」「アイスが食べたい」と言ってぐずることは日常茶飯事。

もちろん「ゆっくりとご飯を食べたい!!」というのもありますが、温かった料理が冷めてしまって「せっかくの料理が美味しくない…」、「早く食いすぎて味なんて分かったもんじゃない…」と少しずつストレスが溜まる一方。

子どもの体力についていけない

2歳になると体力もつき、1歳の時と比べると昼寝の時間も減り起きている時間が多くなってきます。

うちの子は男の子ということもあり、スリルがあるものが好きなようで、坂道なんかは全力で駆け下りていつも冷や冷やしています。

公園などへ行ったときは永遠と滑り台を滑っては登り、滑っては登り…の繰り返し。多分4時間ほど滑り台で遊び、それでも物足りず、帰りはぐずっていました…。

「お家に帰ろう」と言って素直に帰れることなんて10回に1回あるかないかでした。

怪我をしないよう神経を張り詰めるのにも疲れますし、大人側にも予定があり、思い通りに進めないと困るときもありストレスが溜まります。

晩御飯の買い出しなど支度であったり、汚れた服の手洗い(洗濯機だけでは取れないのよね…)など、遊んだ後もゆっくりなんてできない…。

何してもイヤイヤ

歯磨きなんて特に嫌がります。

自分で歯磨きすることもあるのですが、すぐに歯ブラシを床にポンと置いてしまいます。

「仕上げはお母さん♪」なんてNHKの教育番組でありますが、うちは暴れまくり仕上げ磨きなんてさせてくれません。

なので、子どもが泣きながら力づくで仕上げ磨きをしています…。

食べるものも偏りが増えてきました。うちはパンと甘いものが大好きで「パン」という言葉を聞くと、永遠に「パン、パン、パン」と言っていますし、外でアイスクリームの看板を見るや否や、ずっと「アイス」と言ってます…。

私たち大人があげてしまった以上、美味しさを覚えてしまったのは親の責任ではあるので、厳しくはできませんが…。

 

大人の行動を見られていることに気づく

2歳になると、大人がやっていることを自分でもしたがるようになりました。

カーペットを掃除するコロコロを使って掃除をしたり、ママのスリッパを履いて歩いたり、おもちゃの片づけを手伝ってくれたりと…いつもの行動を見られているんだなと感じ始めました。

またおもちゃ屋に行った時のこと、そこにはプラレールなど自由に遊べるスペースがあり、周りで遊んでいる子がいるときはすんなりと帰れないのですが、周りに誰もいなくなるとすんなりと帰らせてくれます。

公園で遊ぶにしても、「周りのみんなは遊んでるのに自分は遊べないのは嫌」なのかなと気づきました。

 

何事にもゆとりをもつこと

遊びにしても、いつか必ず飽きが来ます。外で遊んでいたら、いつか必ずお腹がすきますし、疲れ果てて眠たくなります。

その時を待てばいいのだと気づきました。

「怪我しないかな、健康に育つかな」など心配してもキリがないものに関しては気にしないようにしました。

ホントに危ないことに関しては泣いてでも止める必要はありますが、多少の失敗は子どもの成長にも繋がりますし、“これからはやめよう”と学習します。

みなさんも子どものころ嫌いな食べ物が大人になって食べれるようになったものがあると思います。相当嫌な思いをしていない限り、大人になったら克服するものです。

まあ、私は小さい頃か牛乳が嫌いで、今も飲むことはできませんが…いつか飲めるようになっているはず(笑)

 

まとめ

・魔の2歳とは??

・遊びたい欲が強すぎる

・子どもの体力についていけない

・何してもイヤイヤ

・大人の行動を見られていることに気づく

・何事にもゆとりをもつこと

2歳というのは一番子供の成長を感じ取れる期間だと思います。子どものイヤイヤを頭ごなしに怒ったり叩いたりして叱ってはいけません。

自分がやりたいこと貫き通すというのは良いことですし、将来必ず役に立つ日が来ます。

私も頭ごなしに怒りそうになるときはあります。ですがその時は一回深呼吸をし、子どものためではなく自分のために怒っていないか考えましょう。

親と子、共に成長を楽しみながら子育てをすることが出来たらいいですね。


これからの未来、「英語がわからない」は通じません。

2020年から小学校で英語が必修化されました
その時に備えて、もう準備は万全でしょうか?
・英会話は学ばせたいが、何からやったらいいのかわからない
・そもそも自分は英語が全くわからない・・・
わたし
焦って月額制の高額な英会話教室に通わせる必要は全くありません。
毎週毎週送迎する必要もありません。
あなたが英語を話せなくても、大丈夫です。
「子供に語学を学べる環境」を提供してあげましょう
おすすめの教材は、他と比べて安価かつ効果的、自宅で学べる
セブンプラスバイリンガル

楽天4部門ランキングトップ
  • 英語ランキング第1位
  • 教材ランキング第1位
  • 学び・サービスランキング第1位
  • 通信講座・通学講座教材ランキング第1位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です