子育てが大変で仕事に集中できない。そんな時、仕事は辞めるべき!?



<目から鱗特集>記事を読む前に・・・

無料で英会話教室が体験できる!?

わたし
このサイトに来てくれたあなたは、
今まで以上に英語が必要な時代がやってくると気づいているとおもいます。
あなたは日常生活や仕事で使うことはないかもしれませんが子供が大きくなった時にはどうでしょうか?
英語ができない、それだけで子供の可能性が失われる
「なんでもっと小さい頃から英語を学ばせてくれなかったの?」と子供から問いかけられた時、あなたは子供を納得させられるだけの説明ができるでしょうか?
私には、できません。
今、ほんの少し勇気を出すだけで子供の将来の可能性は無限大に広がります。
想像してみてください、あなたの子供が大きくなった時世界を舞台に活躍する姿を
英語教育をいつまでも先延ばしにしていてはいけないと、あなたは本当は気づいているのではないですか?
まずは無料の英会話教室に親子で参加することから始めてみましょう!
評判の良いものをピックアップしました
どちらも5分で読める記事です
子供の未来のために、5分だけ投資してみてください。後悔はさせません

グローバルクラウン

家族で使えるクラウティ


○○保育園ですが、○○さんはいらっしゃいますか。

お子さんが発熱したので迎えにきてもらいたいのですが。

子どもが体調不良のようなので、

すいませんが、今日は先に上がらせてください。

小さなお子さんをお持ちのママさんにはよくあることですよね。

子どもの体調が悪いと保育園ではあずかってくれず、会社を休んだり、早退したりしてお子さんの看病をしなかればなりません。

最近はどこの会社も育児休暇や有給を取りやすくはなってきていますが、

頻繁に早退して周りの人に迷惑をかけてしまっている。。。

育児も仕事も大変すぎて、両立しようと必死にがんばってもどちらも中途半端になってしまう。

パパが家事を手伝ってくれればいいけど、実際にやらせても大して役に立たないしな(笑)

などなど、お子さんを持つママの悩みはたくさんあります。

本当に疲れてくると、一旦仕事を辞めようかな

そんなことも考えますよね。

ただ、「疲れた頭で感情にまかせて辞めてしまい、あとで後悔」

なんてことになるかもしれません。

子育てと仕事の両立で悩んだときは、現在と将来についてゆっくり考えてから行動してみませんか。

わたし

この記事では、仕事をやめることのメリット、デメリット、

試していただきたいことを紹介していきます。

がんばっている自分を褒める

いろいろと考える前に、これまで子育てと仕事を続けてきた自分を褒めましょう。

子育てと仕事、どちらも本当に大変なことです。

朝は、なかなか起きない子どもを時間をかけて起こし、

ご飯を食べさせ、着替えさせて、保育園に連れて行く。

自分もバタバタ準備して出社。

仕事中はめんどくさい上司からいろいろな仕事を頼まれたり、

同僚のフォローをしたり、あっという間に過ぎていく。

仕事が終わったら、夕飯の買い出しと子どものお迎え。

夕飯を作って、子どもをお風呂に入れて、寝付かせる。

またたく間に時間が過ぎていきますよね。

わたし

ママが体調不良で寝込んだときは、

子どものおむつ換えや食事を代わりに私がやりました。

本当に疲れ果ててしまいました

たった数日だけなのに。。。

 

また、仕事についても、子どもが生まれる前を思いだして欲しいのですが、1日終わったら本当に疲れて、週末はお昼まで疲れを取るために寝ていたりしませんでしたか。

そんなことをダブルでしているのですから、疲れて、悩むのが普通です。

子育ても仕事も完璧に両立していると周囲に思われている職場の同僚や先輩も本音は本当にきついんじゃないでしょうか。

仕事をやめるメリットとデメリットを比較する

わたし

自分を褒めてリラックスできたら、

今の仕事を続けることとと辞めることの

メリット、デメリットを考えてみませんか。

冷静に考えると現状で満足しているところ、

改善できるところが見つり、

道が開けるかもしれません。

仕事をやめるメリット

○子どもと過ごす時間が増える

○仕事で疲れて家のことがおろそかにならない

○疲れてしまいパパにあたることが減る(笑)

仕事をやめるデメリット

○収入が減る

○キャリアが断絶してしまう

○家事へのプレッシャーが増える

1つ目のデメリットですが

仕事からの収入がなくなるので単純に世帯の収入が減ってしまいます。

パパの給料が良かったり、貯蓄がある場合はいいですが、

そうでない場合は家計のコストダウンが必要になるかもしれません。

2つ目のデメリットですが、

仕事を一度辞めることで子育てがある程度終了した後に、

仕事を見つけることが難しくなる可能性があります。

パートや派遣事務であれば比較的見つかるかもしれませんが、

もともと就いていた正規の仕事だと、キャリアに空白がある分、見つかる保証はありません。

これまでもキャリアに空白がある場合は就職するまでに

時間がかかっていたとは思いますが、

最近はITを活用する場合も多く、

使用するソフトも頻繁にかわることが多いです。

仕事に就いていなかった10年の間に仕事のやり方が根本的にかわってしまい、

もともと持っていた経験をまったく活かせない、なんてこともあるかもしれません。

3つ目のデメリット

人それぞれの考えて方かもしれませんが、

仕事を辞めて子育てや育児に集中できると思っていると、

そのうち仕事はないから子育てや育児は完璧にこなすべきと

べき論に支配されて疲れてしまう可能性も。

仕事と両立していた時は、

仕事が大変だから家庭のことは少し手抜きしても気にならなかったかもしれませんが、

仕事がなくなるときちんとこなさないとダメと考えてしまう可能性もあります。

現状のいいところをキープしつつ、変えられるところを変えてみる

わたし

先ほどは仕事を辞めるメリット、デメリットを考えましたが、

大胆な方法で一気に現状を変えるだけではなく、

現状を少し変えてみることも考えてみませんか。

時短勤務を申請する

育児休暇から復帰する際に、

既に時短勤務の申請をされている方は対象外ですが、

 

正規の勤務時間のまま、

残業のみをしないスタイルの方は、時短勤務を考慮してみませんか。

夕方の1時間、早く帰れるようになるだけでも時間に余裕ができますよ。

時短勤務をする場合、短縮時間分が給与から差し引かれますが、

仕事をやめたり、パートに変更するよりは収入減を抑えられますし、

今の仕事を継続できるメリットもありますよ。

同僚が忙しく働いている中で、早く帰ることに抵抗はあるかもしれませんが、

時短勤務を取得できる雰囲気を会社に作ることも、

次の世代が子育てしやすい環境を作るためには必要です。

パパに家事を手伝ってもらう

わたし

家のことは基本的に自分がすべてやらないといけないと思って、

全てを負担していませんか。

パパに協力を求めても、

仕事で疲れているから

となかなか協力してくれなくて、あきらめたり。

ただ、パパは自分が家事をしてうまくできないとき、

あなたの負担が増えることを怖がっているだけかもしれません。

一度、ゆっくりと話してみて、自分が大変なこと、

苦しんでいることを理解してもらうとパパの意識は少し変わるかもしれません。

最初は簡単にできることか初めてもらって、

やってもらったことに感謝を伝えていくとパパもやる気になるかも。

自分は褒めてもらわなくてもきちんとやっているのに

と思うかもしれません。

わたし

それはその通りですが、子育ても仕事もこなすことがあなたの目的であるならば、

パパをうまく扱う努力をしてみると、自分が欲しい結果にたどりつくかもしれませんよ。

仕事を辞める準備をしてみる

わたし

仕事を辞める1番のデメリットは収入が減ってしまうことです。

貯金がある場合は、いいのですが、

そうでない場合は仕事を辞めた後、しばらくは安心できる貯金をしてみませんか。

共働きの場合、収入が高くなることから支出も高くなりがちです。

仕事をいきなり辞めてしまう前に、現在の家計の状況を把握して、

コスタダウンできるところは進めていくとともに、

少しでも貯金をすると、仕事を辞めた後の安心感が増しますよ。

まとめ

子育てと仕事の両立は簡単ではありません。

どちらかひとつだけでも、苦労してやっていくものです。

2つのことをギリギリでもこなしている自分をまずは褒めましょう。

そして、いきなり仕事を辞めるのではなく、

仕事を辞めるメリット、デメリット、今の家計の状況を振り返ってみましょう。

大胆な決断をする前に

  • 職場に時短勤務などの協力を求めたり
  • パパに協力を求めたり

改善できるところを改善してみませんか。

さいごに

子育てと仕事を両立することは今の日本では楽ではありません。

入りたくても保育園に入れなかったり、小さい子どもがいると仕事が見つからなかったり。

もっと簡単に保育園に入れたり、自由に勤務時間を選択できる社会になると、ママが悩むことも少しは減るかもしれませんね。


これからの未来、「英語がわからない」は通じません。

2020年から小学校で英語が必修化されました
その時に備えて、もう準備は万全でしょうか?
・英会話は学ばせたいが、何からやったらいいのかわからない
・そもそも自分は英語が全くわからない・・・
わたし
焦って月額制の高額な英会話教室に通わせる必要は全くありません。
毎週毎週送迎する必要もありません。
あなたが英語を話せなくても、大丈夫です。
「子供に語学を学べる環境」を提供してあげましょう
おすすめの教材は、他と比べて安価かつ効果的、自宅で学べる
セブンプラスバイリンガル

楽天4部門ランキングトップ
  • 英語ランキング第1位
  • 教材ランキング第1位
  • 学び・サービスランキング第1位
  • 通信講座・通学講座教材ランキング第1位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です