育児と仕事の両立は難しいとお悩みの方へ!子ども6人育てる私の両立法!



<目から鱗特集>記事を読む前に・・・

無料で英会話教室が体験できる!?

わたし
このサイトに来てくれたあなたは、
今まで以上に英語が必要な時代がやってくると気づいているとおもいます。
あなたは日常生活や仕事で使うことはないかもしれませんが子供が大きくなった時にはどうでしょうか?
英語ができない、それだけで子供の可能性が失われる
「なんでもっと小さい頃から英語を学ばせてくれなかったの?」と子供から問いかけられた時、あなたは子供を納得させられるだけの説明ができるでしょうか?
私には、できません。
今、ほんの少し勇気を出すだけで子供の将来の可能性は無限大に広がります。
想像してみてください、あなたの子供が大きくなった時世界を舞台に活躍する姿を
英語教育をいつまでも先延ばしにしていてはいけないと、あなたは本当は気づいているのではないですか?
まずは無料の英会話教室に親子で参加することから始めてみましょう!
評判の良いものをピックアップしました
どちらも5分で読める記事です
子供の未来のために、5分だけ投資してみてください。後悔はさせません

グローバルクラウン

家族で使えるクラウティ


人は皆それぞれ違うように、生活のかたちや育児・家事・仕事と皆それぞれのリズムやペースは違います。

私の場合は、今ふと!気づくと結構、融通の利く仕事と周りの環境に恵まれ

何よりもたくさんの子どもに恵まれた生活を送っています。

なんと言っても旦那と私だけの育児は少し負担が多く窮屈です。時に周囲の人に少しは甘えることも大切です。

ですが実際の我が家の家庭の中は?と考えてみると面白おかしく壮絶な日々が伺えます。

母親の負担は大きい?

出産、育児そして家事までするのは母親の仕事?

出産も人生一大事の仕事です。家事も育児も仕事です。働きに会社に行っ

たら仕事が待っています。

そう考えると女性のほうが負担が大きいのではないか?と思ってしまう事っ

てないですか?

よその家庭では、夫婦が分担してバランスよくこなしている家庭もあると

は思います。

けど我が家は、ん?私のほうが負担が大きい?んじゃないかと考えてしま

ます。ですが、それはその分充実することが大きいのでは?はないかと思う

考えが湧いてきました!

一日の時間は限られている

我が家の家族構成を紹介することなくここまで話をしてしまいましたが、

我が家は、6人の子どもがいます。ピーク時は、上が中学生、下が保育

所とそれぞれの朝出るまでの準備、ペースが違い大戦争でした!本当戦

いです。

朝起きてから、夜寝るまでの時間は限られています。

その限られている時間の中で、

まずは、朝起きて自分の身支度を終わらせ家族の食事の準備、子ども達

を学校に送り出します。

旦那にも手伝ってもらいはしますが、どーも不器用で自分の準備でも精

いっぱいな状態でして、それも昔かたぎなのでなかなか手助けは難しく、

返って、余計なことをしてしまい手こずったりとかと思ってしまったり。

そのなかでどうこなすかが勝負です!

子どもは、意外な行動に出たりします。

私が思い描いている時間の配分があるのに思い通りにいかないことが普通で、

も~!と思いながらもトイレに行かせたり、着替えをさせたりと小さい子には手がかかります。

イライラする気持ちを抑え子どもと時間の戦いというよりも自分との闘いになります。

朝だけでこんなに?なんて思ってしまいますよね。

いやいやまだまだ一日は始まったばかりで今からです。

この朝のひと時、時にはうまく事が順調に進み皆を送り出した日は、思わず 今日はうまく事が進んだ!やったあ!誇らしく思ってしまいます。

気持ちの切り替えスイッチをオンに!

私は、事務の仕事をしています。旦那の実家の会社に行くとパソコンと向き合い仕事をこなしていると、またまた昼食準備、夫婦で食事を済ませ手から夕食の下ごしらえをし、夕方からの子ども達の帰宅からの戦いの始まる心の準備をしなければなりません。

仕事中は、旦那の父、母に挟まれ仕事をしていてもとても窮屈でがまんがまんの時間、仕事のあい間に夕食メニューや子ども達の帰宅を考えると作戦を練っておいたほうがいいのでいろいろ考えます。

頭の中は、考えることがたくさんなので、嫌なことはスルー出来てしまうようになりました。

またまた、切り替えスイッチ!

夕方になると、またまた戦争の始まりで、子どもかいじゅうたちが帰ってきて、食事、入浴、洗濯や就寝までは何がなんやら一息つく頃には、私も疲れ果て眠たくなります。

あれ?自分の時間がない!自分の時間は?

至福のひと時は?!と考えゆっくりしようとするけども次の朝に備えなければ大変になります。早く寝ましょ!という毎日です。

疲れるのは当たり前でして、たまにギブアップ!してしまいます。

育児と仕事は、両立できないのか?

この課題は、両立できないのか?と考える事ではなく、しなくてはならないように思います。

バランス的に偏りも出てくると思いますが、その時はその時考え今は育児重視とか時には仕事もうひと頑張りしてみよう!とか考えます。

気持ちを楽に、根詰めず、毎日自分との闘いのように考え、子ども達という奇想天外な発想の持ち主たちとの知恵比べをたのしく思う事が出来ればと思います。

私が産んだ子供たち、責任をもって育てなければならないと思います。

時には、なぜ?こんなに苦労をしなければいけないのと思うこともああります。

ですが、人生は山あり谷ありでないと充実感がないようにも思います。

自分が頑張った分、苦労した分が子どもの人数分あるとしたら、その分の喜びを感じたときは、きついことなんかどこかへ一気にふっとんでなくなってしまい、それいじょうに頑張れるパワーを、我が子たちに貰っているように思います。


これからの未来、「英語がわからない」は通じません。

2020年から小学校で英語が必修化されました
その時に備えて、もう準備は万全でしょうか?
・英会話は学ばせたいが、何からやったらいいのかわからない
・そもそも自分は英語が全くわからない・・・
わたし
焦って月額制の高額な英会話教室に通わせる必要は全くありません。
毎週毎週送迎する必要もありません。
あなたが英語を話せなくても、大丈夫です。
「子供に語学を学べる環境」を提供してあげましょう
おすすめの教材は、他と比べて安価かつ効果的、自宅で学べる
セブンプラスバイリンガル

楽天4部門ランキングトップ
  • 英語ランキング第1位
  • 教材ランキング第1位
  • 学び・サービスランキング第1位
  • 通信講座・通学講座教材ランキング第1位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です