バイリンガルやトリリンガルなどの複数の言語を持つ強みとは!!



<目から鱗特集>記事を読む前に・・・

無料で英会話教室が体験できる!?

わたし
このサイトに来てくれたあなたは、
今まで以上に英語が必要な時代がやってくると気づいているとおもいます。
あなたは日常生活や仕事で使うことはないかもしれませんが子供が大きくなった時にはどうでしょうか?
英語ができない、それだけで子供の可能性が失われる
「なんでもっと小さい頃から英語を学ばせてくれなかったの?」と子供から問いかけられた時、あなたは子供を納得させられるだけの説明ができるでしょうか?
私には、できません。
今、ほんの少し勇気を出すだけで子供の将来の可能性は無限大に広がります。
想像してみてください、あなたの子供が大きくなった時世界を舞台に活躍する姿を
英語教育をいつまでも先延ばしにしていてはいけないと、あなたは本当は気づいているのではないですか?
まずは無料の英会話教室に親子で参加することから始めてみましょう!
評判の良いものをピックアップしました
どちらも5分で読める記事です
子供の未来のために、5分だけ投資してみてください。後悔はさせません

グローバルクラウン

家族で使えるクラウティ


皆さんはバイリンガルやトリリンガルという言葉を知っていますか?

バイリンガルとは二ヶ国語を話せる人、トリリンガルとは三カ国語を話せる人を指します。

メジャーなところで通訳の方とかはこれに該当すると思います。

しかし、一般人である我々は日本語しか話せない方が多いはずです。

これから外国人労働者が日本に来ることが増える世の中になります。

日本語しか話せなければ、生活が不自由になる未来が来るかもしれません。

そのため、せめてバイリンガルにはなる必要があると考えています。

この記事では、将来のことを推察しなぜ複数言語が必要なのか、複数の言語を理解できる強みとは何かを書いていきます。

これを読まれることで、あなたは今まで以上に危機感を感じることでしょう。そして、他国の言語を学ぶ必要性を理解できることでしょう。

まずはなぜ必要か考えてみる

これからなぜ複数の言語を習得する必要があるのか。それは世の中が便利になればなるほど、日本人以外とのコミュニケーションが必要になるからです。他国との経済レベルが均一化されつつある今、インターネットを通じて気軽に他国の方とコミュニケーションをとれるようになってきました。

直接会わなくてもSNSやブログ、記事やlineなど様々な手段で文字や言葉でかかわることができます。そうしたとき、他国の方は日本語を使うのでしょうか?

きっと使わないと思います。

日本語は様々な表現があり、とてもいい言語だと思います。しかし、読み手に行間や雰囲気を読む力を求めてたり、ひらがな、カタカナ、漢字ないくつかの文字の集合体のような側面があったりと、学ぶには難しい言語なのです。

そう考えますと、日本語を使ってくれる可能性はとても低いと思います。

そして現在識字率が一番高い英語が使われることになると思います。

つまり、日本語だけできても世の中に取り残されていく。そんな未来が来るかもしれないのです。

また、上記でも書きましたが日本は少子高齢化です。それを埋めるためにAI技術と外国人労働者を使うことになるでしょう。そうなったとき、職場では何の言語が使われるでしょうか?もしその職場に日本人より外国人の方が多くなったら?

これからの世の流れを考えるとなぜ必要かという理由はたくさん見つかることがわかると思います。

多言語を扱える強みを考えてみる

多言語を扱える強みは、自分の世界が広がることですね。

どういうこと?

と言われる人もいると思うので説明しますね。

これからの世の中、私たちの生活は日本人だけで成り立たせていくのは不可能になっていくと思います。外国人労働者の受け入れも始まります。グローバル化の波はさらに加速するでしょう。

そうなってきたときに、日本語がどこまで通用するでしょうか?

例えば、同じ学校の転校生に外国人がくるかもしれません。

例えば、会社の同僚に外国人が来るかもしれません。

例えば、自分の管理しているチームの取引相手が他国の企業になるかもしれません。

例えば、SNSの推奨言語が英語になるかもしれません。

 

あげればきりがないですが、こういったとき日本語はどれほど通用するでしょうか?

ですが将来、あってもおかしくなさそうだとは思いませんか?

 

そうなったとき、いくつもの言語を使える方は引く手あまただと思います。行きたい企業に就職する確率を上げることにつながるでしょう。外国人労働者とうまく付き合えることで管理職になれるかもしれませんね。また、転校生の外国人と熱い友情が芽生えるかもしれません。もしかしたらSNSの有名人になれるかもしれません。

 

こういった将来的な世界も広がるでしょう。

 

それ以外にも日本人にはない考えや知識、見識などを得ることもできるでしょう。外国人は日本人とは全然気質が違います。そういった面で世界を感じることができるはずです。

 

 

旅行でも便利ですよね。いちいち話したいことを調べなくても、現地の人に声をかけることが来ます。逆もしかりで、日本で困っている外国人に優しい手を差し伸べることができるでしょう。

 

どうでしょうか??こうしてみると自分の世界が広がっているように感じませんか??

 

 

まとめ

私たちが生きていく世界にはいろんな国や人種がいます。これからさらにグローバル化が進むと、そのような方々の力を借りて生活することも出てくるでしょう。

そうなるとやはり日本語だけではとても不自由を感じるときが出てくると思います。

しかし、新しい言語を獲得するのはとても難しいことです。完全に自分のものにするのは長い年月をかけることになるでしょう。特に私のような成人を大きく過ぎてしまった大の大人だと、若い人の何倍も時間がかかるでしょう。

ですが、私がさらに年月を経たときに困らないためにはそのような能力も必要なのだと考えます。

そして、私も自分の人生においてさらに可能性を広げるために、日本語以外も学びたいとおもいました。

 

みなさんはどう思いますか?


これからの未来、「英語がわからない」は通じません。

2020年から小学校で英語が必修化されました
その時に備えて、もう準備は万全でしょうか?
・英会話は学ばせたいが、何からやったらいいのかわからない
・そもそも自分は英語が全くわからない・・・
わたし
焦って月額制の高額な英会話教室に通わせる必要は全くありません。
毎週毎週送迎する必要もありません。
あなたが英語を話せなくても、大丈夫です。
「子供に語学を学べる環境」を提供してあげましょう
おすすめの教材は、他と比べて安価かつ効果的、自宅で学べる
セブンプラスバイリンガル

楽天4部門ランキングトップ
  • 英語ランキング第1位
  • 教材ランキング第1位
  • 学び・サービスランキング第1位
  • 通信講座・通学講座教材ランキング第1位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です