小学校に英語の教科が文部科学省により義務化される!その方針とは?


<目から鱗特集>記事を読む前に・・・

無料で英会話教室が体験できる!?

わたし
2020年から英語必修化だし、
周りもどんどん準備しているから何かやらなきゃ・・・
と思っていたところに友人から
「無料で英会話教室を体験できる」と聞いたので、
口コミや詳細を調べてみました。

グローバルクラウンを無料で試す!

家族で使えるクラウティ を無料で試す


世界共通語である英語。

わたし

この英語は日本でも授業の一環として取り組まれて来ました。

特に中学校からこの教科は義務化されています。

友人
そうですね、中学生になったんだ!

と嬉しい反面、少し不安もありました。

わたし

その英語の授業が2020年から小学校の教科に義務化される事となりました。

文部科学省も様々な方針を掲げている様です。

友人
そうなんですよね、具体的に知りたいわ!
わたし
今回はその点に注目して皆さんで、

見て行きましょう。

では、ご紹介していきます。

 

 

英語の教科を義務化する理由

これまでは小学校の授業には当然、英語はありませんでした。

ただ、多目的授業等を使って専門の外国人の講師の方を呼び、

英会話によるコミュニケーション方式で行っている学校もありました。

わたし
自分が小学校時代の高学年の頃は、

この様な授業がありました。

その時の講師の先生はイギリス人で、とても気さくな方でした。

毎週の多目的授業では、楽しく英語の発音からスペルの事まで、

しっかり教えてくれていました。

この様に、過去10年以上前から英語の授業を小学校にも取り入れる姿勢はあり、

それが文部科学省により義務化されるのには以下の理由があります。

理由
  • グローバル社会の現代に適応する為に早期学習させたい。
  • 現状でも英語の多目的授業は行っているので、更なる強化をする。
  • 英語のみに限らず、世界各国の言語の存在を認識させる。

この様な点から英語の学習環境は早期に渡り、必須化する必要があります。

わたし
小学校から基本的な事から応用を身に付けられれば、

とても心強く感じますし、英語の授業が楽しくなりますね。

自分の時代には無かった新しい試み

として受け入れられる事が出来ます。

これにより、中学校から高校へのステップアップにもより良く繋がる事でしょう。

友人
そうだと思うわ!

小学校からの英語の授業は評価がある

文部科学省が発表した英語の授業の必須化について、

実際に小学生及び中学生からの現在の英語の授業についての、

外国語調査をまとめてみました。

まとめ
  • 小学生高学年の7割は「英語及びその授業が好き」
  • 一方中学生の8割からは「現在の英語の授業が役に立っている」
  • 中学生の中には「小学校の頃に英語の授業で英単語を学習する機会が更に欲しかった」

この様な回答がまとめられており、小学校からの義務化は、

決して問題ではありません。

わたし
自分もこの様なアンケートの回答には共感出来ます。

何故なら、自分も小学校当時に習った英語を、

中学校になってから活かされた事が、幾つかあったからです。

塾にお金を掛けて行くのも良い事ですが、

それ以前に学習出来る環境が整っているのは、

とても有効な時間を使えるタイミングにもなりますので、

注目すべき所ではないかと思います。

そういった事も含めましたら、英語の授業を小学校から取り入れて、

中学年から高学年の時点では、英語を「読む」「書く」事に注力し、

しっかり英語力をを身に付けて行く必要があります。

これによって児童本人の将来の目標が広がり、

より海外への意識が広がって行くかもしれません。

わたし
自分が小学校で習っていた頃は単なるきっかけに過ぎませんでした。

しかし、こうした取り組みが実現する事により、

子供達の夢が広がって行く可能性が大いにあります。

子供の夢を広げるきっかけの為にも、この取り組みは是非実現して、

メキメキと英語力を付けて行って欲しいですね。

友人
そうよ!子どもの夢の可能性広がると思うわ!

 

英語の教科を必須化するだけでは無く、多言語も知って貰う機会を作る

英語の教科を必須化するだけでは物足りなさがある可能性があります。

これを機会に世界各国の言語を小学校の頃から知って貰う事で、

より世界観が広がって行く事が出来ます。

こうした取り組みも文部科学省は方針として、考えています。

わたし
自分の頃は海外の言語を知る機会は、

一部の教科書に記載してある位でした。

大体挨拶の事でしたね。

英語並みにとは言いませんが、多言語の事を低学年の内から、

少しずつ覚えるのも海外の魅力を知る良い機会となりますので、

英語を覚える意欲にも繋がるのでしょう。

英語がある程度授業を通じて覚えられたとしても、

多言語を新たに知る事が出来ると、楽しくなります。

フランス語、イタリア語等のヨーロッパの言語。

タガログ語、タイ語等のアジアの言語。

こういった必須では無い言語でも知っておく事に損はありません。

何故なら、企業の大体はこの様な国に、拠点を置いているからです。

多言語を知り、そして将来それを学ぶ機会があれば。

本人の活躍の場は更に広がる事でしょう。

文部科学省もそういった意味を持って、

この様な取り組みを行おうとしているのかもしれません。

低学年から「読む」「書く」を取り入れて高学年に繋げる

低学年から英語の授業を取り入れている小学校の情報では、

高学年の方が学習意欲は低下傾向なので、

「読む事」「書く事」も含めて指導する教科型の教育方法を導入する事により、

児童の学習意欲を向上させる事が出来ています。

わたし
自分が習っていた頃は高学年の頃で、

この文面通りの感覚が若干ながらありました。

しかし、そこを上手く受け入れさせてくれる環境があったからこそ、

英語の授業が楽しく感じて、どんどん覚えられたのかもしれません。

そういう意味では、高学年になっても、

諦める事無く繋げて行く事が期待出来ます。

これで、小学校の英語の授業の内容がより濃密になり、

日々の授業が楽しく感じられる事でしょう。

友人
楽しいと!覚えられるわね!

まとめ

今回は文部科学省が発表した、

2020から小学校に英語の教科を義務化する事について、

ご紹介しました。

  • 子供達のグローバル社会への競争に入る為には、英語の授業による英語力が必要不可欠。
  • 中学校から一気に覚えるよりかは、小学校から自然な形で覚える方が効率的。
  • グローバル社会を知って貰う為には、多言語を知る事も大切。
  • 学習傾向が下がり気味の高学年でも、基本的な事を楽しく授業を行えられれば、上手く繋げられる。

こうして、2020年の英語の授業の義務化にはしっかりとした、

対策が練られているのが分かりますね。

これで、新たな世代が10数年後に、

世界という舞台で活躍してくれるでしょう。

 


これからの未来、「英語がわからない」は通じません。

2020年から小学校で英語が必修化されました
その時に備えて、もう準備は万全でしょうか?
・英会話は学ばせたいが、何からやったらいいのかわからない
・そもそも自分は英語が全くわからない・・・
わたし
焦って月額制の高額な英会話教室に通わせる必要は全くありません。
毎週毎週送迎する必要もありません。
あなたが英語を話せなくても、大丈夫です。
「子供に語学を学べる環境」を提供してあげましょう
おすすめの教材は、他と比べて安価かつ効果的、自宅で学べる
セブンプラスバイリンガル

楽天4部門ランキングトップ
  • 英語ランキング第1位
  • 教材ランキング第1位
  • 学び・サービスランキング第1位
  • 通信講座・通学講座教材ランキング第1位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です