子どもの習い事で人気の英語!いつからはじめるのが良いのか?



<目から鱗特集>記事を読む前に・・・

無料で英会話教室が体験できる!?

わたし
このサイトに来てくれたあなたは、
今まで以上に英語が必要な時代がやってくると気づいているとおもいます。
あなたは日常生活や仕事で使うことはないかもしれませんが子供が大きくなった時にはどうでしょうか?
英語ができない、それだけで子供の可能性が失われる
「なんでもっと小さい頃から英語を学ばせてくれなかったの?」と子供から問いかけられた時、あなたは子供を納得させられるだけの説明ができるでしょうか?
私には、できません。
今、ほんの少し勇気を出すだけで子供の将来の可能性は無限大に広がります。
想像してみてください、あなたの子供が大きくなった時世界を舞台に活躍する姿を
英語教育をいつまでも先延ばしにしていてはいけないと、あなたは本当は気づいているのではないですか?
まずは無料の英会話教室に親子で参加することから始めてみましょう!
評判の良いものをピックアップしました
どちらも5分で読める記事です
子供の未来のために、5分だけ投資してみてください。後悔はさせません

グローバルクラウン

家族で使えるクラウティ


子供の習い事で人気トップ3なのが、水泳・ピアノ、そして英語となっています。

英語については習うタイミングは人それぞれです。

幼い頃から学んでいる人もいれば、中学校の授業を通じて学び始めている人だったりもします。

自分は英語をしっかりと覚え始めたのは、中学生の頃でした。

最初はちんぷんかんぷんで、覚える事に必死な中、幼少期から勉強している人はスラスラと基本的な英語を解いていました。

それを見て自分も「幼い頃にやっておけばよかったな」と少し後悔した時がありました。

やはり早い時期から習い事をする事によって大きく差が出来るものです。

その中で中学生になっても社会人になっても活かされる英語は、早い時期から学ぶべき事です。

しかし、いつ・どんなタイミングの時に習わせれば良いのか正直分からなくなる場合もありますよね。

そこで、今回は英語の習い事はいつからが良いのか紹介します。

 

幼少期から習わせると効果がある

子供は幼い内から日本語を親が覚えさせます。

そして、保育園や幼稚園に入園児には一通りの言葉が話せる様になっているのが、通常の事です。

短期間である程度の言葉が覚えられる、そこが幼少期の子供の良さでもあります。

このやり方と同様の方法で英語を習わせると、日本語を覚える感覚で覚えて行く事が出来ますので、大変効果があります。

 

これが中学生になりますと、文法等の理論的な部分から入って行きますので、

苦手意識を持ってしまい、覚えるのにも苦労します。

しかし幼少期の子供は、耳に聞き入れた言葉等をどんどん覚えて行く所が

メリットでもありますので、習慣的な学習能力の向上にも繋がります。

自分も子供の頃は英語の学習番組等を見たりしていましたが、

直ぐに耳に入った事を覚え、繰り返し話していた事は今でも記憶にあります。

やはり、子供の能力は未知数ですね、

どこまで伸びるのかが分からない程の魅力がありますので、

早い内から物事を覚えさせて行く事が大切です。

 

4~5歳から習わせると良い

4~5歳の年齢は物心が付き始め、何事にも好奇心を持って取り組もうとする姿勢があります。

英語等の習い事もそうです。

自分もその年齢の頃は友人が英語の習い事をしていまして、とても魅力的に思っており、

よく親に「友達が英語の塾に行っているから、やってみたい」とおねだりをしていたのを覚えています。

英語のイメージは、自由の女神があるニューヨークの都会的なイメージでしたので、

田舎育ちの自分にとっては、とても新鮮な気持ちにさせられる程のインパクトがあり、

何度もおねだりをしていましたね。

これが小学生位からとなって来ますと、勉強に対する拒否反応が出来てしまい、

学習意欲が湧か無くなって来てしまいます。

4歳~5歳の時期に英語を習う事が出来ると、学習意欲が徐々に増して行く事ができ、

覚えるペースは人それぞれですが、塾に通って行ける日が楽しく感じて行く事でき、

更には保育園や幼稚園での友達以外の人とも英語の学習を通じて関わる分、

コミュニケーションネットワークが幼い時期から大きく広げる事が出来ます。

自分の友人と遊んでいる時の事ですが、知らない人が友人に笑顔で接していまして、

その日の事を友人に聞きましたら塾で一緒に学んでいる人でした。

人との繋がりも幼い内から大きく広げる事が出来て、物心が付いた年頃なので、

様々な事に対して新鮮な気持ちになって行動をする事が出来る、

そういう意味をもって4歳~5歳から習わせる事が妥当です。

 

覚えさせる方法は楽しく教える事が重要

子供の内から勉強させる時に大切な事は続けさせる事です。

しかし、普段強調的な修正等を常にしていると辛くてやらなくなってしまい、

折角の学習環境が水の泡となってしまいます。

自分も子供の頃は習字の習い事に通っていましたが、その環境は昔ながらの大変厳しい環境で、

毎回行く時は緊張感が漂っていて充実して習いたいと思えず、

必死になってやって早く家に帰りたいと思う事ばかりでした。

しかし、時に優しい講師方の時は気持ちもリラックスする事ができ、

やる気も上がってまた学んで行きたいと思える気持ちにさせてくれました。

 

特に英語を幼少期から学ばせるのなら尚更です。

現代の学習塾は、そういった事を考慮して幼少期の子供達に対しては、

自然に耳に入る様なカリキュラムで覚えさせながらも通う事に対して、

苦痛に思わせない工夫がなされています。

そういった事を家庭でも同じ行動で反映して行く事が必要です。

ペースを意識し過ぎて、一気に覚えさせようと厳しくする姿勢ばかりでは無く、

英語自体を楽しくさせる為に褒めながら一緒に取り組んで行く姿勢が大切な事です。

そうする事で、学習意欲はより一層増して、学習して行くペースも要領も段々と身に付いて行く事でしょう。

英語を覚えさせるには楽しく教える事が重要なのです。

 

体験授業から始める事

いきなり英語塾に通わせても、当の本人は環境に慣れず動揺してしまうかもしれません。

まずは、各学習塾の無料体験授業で行かせてみてから、本人の反応を伺う事が必要です。

英語塾の講師の方とのコミュニケーションや同じ年の人達と一緒に学ぶ環境に適応出来るか。

初めてでしたら、しっかり考えてみる事が良いでしょう。

自分の場合は体験授業を受けてから行きましたので、その時の雰囲気で

このままやって行けそうか、しっかり判断をしました。

やはり、これをしないと継続出来ません。

 

まとめ

今回の英語の習い事はいつからが良いのかを以下の通りにまとめてみました。

  • 習うなら4歳~5歳頃からだと、学習意欲も増してコミュニケーションネットワークを拡大出来る。
  • 厳しく教え過ぎず、英語を習う事が楽しいと自覚させる事が必要。
  • いきなり英語塾に通わせないで、まずは体験授業から始める。

以上の3点がまとめとなります。

 

まだまだ未来に希望がある年齢ですので、

英語を通じて保護者の方も一緒になって我が子の未来を切り開いて行って欲しいですね。

 

 

 


これからの未来、「英語がわからない」は通じません。

2020年から小学校で英語が必修化されました
その時に備えて、もう準備は万全でしょうか?
・英会話は学ばせたいが、何からやったらいいのかわからない
・そもそも自分は英語が全くわからない・・・
わたし
焦って月額制の高額な英会話教室に通わせる必要は全くありません。
毎週毎週送迎する必要もありません。
あなたが英語を話せなくても、大丈夫です。
「子供に語学を学べる環境」を提供してあげましょう
おすすめの教材は、他と比べて安価かつ効果的、自宅で学べる
セブンプラスバイリンガル

楽天4部門ランキングトップ
  • 英語ランキング第1位
  • 教材ランキング第1位
  • 学び・サービスランキング第1位
  • 通信講座・通学講座教材ランキング第1位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です