英語を話せるようになりたい!! 英語で人間関係を世界中に広げよう!


<目から鱗特集>記事を読む前に・・・

無料で英会話教室が体験できる!?

わたし
2020年から英語必修化だし、
周りもどんどん準備しているから何かやらなきゃ・・・
と思っていたところに友人から
「無料で英会話教室を体験できる」と聞いたので、
口コミや詳細を調べてみました。

グローバルクラウンを無料で試す!

家族で使えるクラウティ を無料で試す


英語が話せるようになることで世界中の人と繋がれたらステキだと思いませんか?

今までパッケージツアーで添乗員としか会話がなかった海外旅行で、

現地の人と直接話したり、オプションで参加したスノーケリングで現地ガイドと直接話したり、

後日そのダイビングショップのHPにお礼の書き込みをしたり。

海外旅行に行かなくても、来年には大勢の外国人が日本を訪問します。

そこから新たな人間関係が生まれるかもしれません。

そういった人とSNSなどで繋がっていけば、お互いの近況を伝え合うことができますし、

その人の友達と繋がるかもしれません。

ただ、そのためにはある程度の語学力が必要なのは否めません。

せっかく出会えた外国人のお友達と

何にもコミュニケーションが取れない!というのはとっても勿体無い!

 …でも今の自分は英語がまったくと言っていいほど、できないなあ…

わたし

そこで、私が活用している実践的な方法をお伝えします!

英語を使ってSNSでやり取りする

人間関係を広げるために、SNSはとても強力なツールです。

特にFacebookでの広がりはとても強力です。

友達の友達は友達だ

以前、そんな合言葉のTV番組がありましたね。

友達の友達と繋がっていくことで、全く知らない人と繋がります。

計算上は、6人を介せば世界中の人と繋がることができるといわれています。

私の友人にあまり有名ではないュージシャンがいるのですが、彼は日本を代表する有名なミュージシャンと繋がっています。

そのミュージシャンは海外のミュージシャンと繋がっています。

って考えていけば6人で十分ですよね、計算上は。

ママ

でも私英語できないし・・・

わたし

大丈夫です!

その辺でいきなり外国人に道を聞かれるのと違い、

SNSなら文面をゆっくり考えて送信できますから、

慌てたりうろたえたりということがありません。

Googleに単語や文章を入力すれば翻訳してくれますから、その単語を並べれば言いたいことは伝わります。

肝心なのは外国人と英語で話す環境に慣れるということなんです。

GoogleやYahooの機能を活用する

GoogleやYahooに「○○ 英語」と入れれば英語に翻訳してくれますから、

その単語や文章をまるっとコピペして投稿してみましょう。

相手からの返信もGoogleが翻訳してくれます。

Facebookの翻訳機能はちょっとあやふやなので、Google翻訳の方が適しています。

「○○ 英語」で検索すると一番に表示されるのはGoogle翻訳ですが、その下に表示されているWeblio辞書などの記事もかなり参考になります。

 

 

わたし

そういったページを見ると、

「こんな表現をしたい時にはこんな言い回しがあるんだ」

なんていう新たな発見がありますよ。

流暢な英語を勉強する必要はありません

外国人が

「ハカタ エキ イキタイ」

って話しかけてきたら言いたいことはわかりますよね?

それと同じで、あなたが単語の羅列で何か発信しても相手は意味を汲み取ってくれます

英語が苦手、話せないって言っている人って、学校で教わった文法通りに話そうって思っている人が多いみたいです。

わたし

「実践」と称して英会話を指導する方も、

綺麗な文章にこだわっている方がじつに多いんです。

「ハカタ エキ イキタイ」ではなく、

「恐れ入ります、博多駅に行きたいのですが道順を教えていただけますか?」

といった正確な文言を教えていることが多いです。

しかもそれが一番重要みたいな。

わたし

これが英会話を遠ざけてしまっている一番の理由

だと、個人的には思っていますし、

そんな教え方では挫折しない方がおかしいです。(プンプン!)

ビジネスで外国人と交渉するのでない限り、そんな複雑な文章を勉強する必要はありません!

「ハカタ エキ イキタイ」から始めてみませんか?

取り敢えず英語で何か書いたり話してみる。

そんな環境に慣れることがいちばん大切なんです。

注意しておきたいこと

SNSを活用するにあたって注意しておきたいことがあります。

特に最初の注意は必ず守ってください。

見知らぬ人からの友だちリクエストには不用意に応じない

今、アメリカ軍人を名乗る詐欺が流行っています。

幸か不幸か私は要求された金額を送金できるほど余裕がなかったので、

詐欺には引っかかりませんでしたが、なかには数百万円振り込んでしまった、

なんていう事例があります。くれぐれもご注意ください。

旅行などで仲良くなった人と直接アカウントをやりとりするか、共通の友人がいる方だけと繋がるようにしましょう。

難しい話はしない

どんなに仲が良い国でもそれぞれの立場がありますから、相手の国を批判するような話題は避けましょう。

実際の私の会話

私がやり取りしている方との会話では、食べ物の話や気象の話なんかはわりと盛り上がります。

アメリカの友人が巨大な肉の塊を焼いた画像には

わたし

That’s amazing amount. How many people eat it?(凄い量だね。何人で食べるの?)」

アメリカの友人

All relatives gather. 20 people eat.(親戚一同が集まって20人で食べるんだ)

わたし

If it were My family, it would be a week’s worth. (それってうちの家族だったら一週間分の量だよ! )

 

とか、私が投稿した料理の画像に

アメリカの友人

It looks delicious ! (それ美味そうだな! )

わたし

If you want to eat, come to Japan. Let’s meet at TOKYO 2020. (食いたかったら日本に来いよ。TOKYO2020で会おうぜ ) 

といったやりとりがありました。(以上、すべてGoogle翻訳です。)

気象に関する会話では

アメリカの友人
「おまえんとこ、暑そうだね」
わたし
「おー暑いぜ」

3月にかき氷を食べたっていう投稿に、

わたし
「そっちは今、気温何度なの?」
アメリカの友人
「64°Fだよ」
わたし

「近頃、温かくなっては来たけど、その気温でかき氷はないだろ! おまえ、太りすぎなんだよ!」

なんてやりとりをしました。

(これもGoogleに入れれば華氏と摂氏の変換ができますから64°Fが17°Cだってわかります。)

その友人とはとても親しい仲なので「おまえデブだよ」といった少し突っ込んだ会話をしていますが、

それほど親しくない方には礼儀はわすれないようにしてくださいね。

未熟な英語ゆえに失礼な表現になってしまうことは誰にでもありますし、

相手の方も笑って許してくれます(多分)からご安心ください。

注意してほしいのは、わかっていながら失礼な表現を使うのはダメっていうことです。

あと、これはちょっと慎重に内容を考える必要があるかとは思いますが、

日本の大震災のお見舞いや

アメリカ南部に上陸したハリケーンのお見舞いのメールを送りあっています。

まとめ

私が実践しているSNSを活用したコミュニケーションについてお伝えしました。

要点をまとめると、

  • 英語を使ってSNSで投稿してみる
  • GoogleやYahooの翻訳機能を活用する
  • 難しい英語は必要ない
  • 詐欺に注意
  • 難しい話はしない
  • 礼儀を守りましょう
  • 食べ物や気象の話は盛り上がりやすい
  • 災害のお見舞いは丁寧に

といったところです。

ママ

これなら直接話すのと違って文章を調べたり、考えながら

できるからわたしでもできそう!

わたし

外国人と直接会話するのはちょっと、という方にお勧めの方法です。

ぜひ活用してみてください。


これからの未来、「英語がわからない」は通じません。

2020年から小学校で英語が必修化されました
その時に備えて、もう準備は万全でしょうか?
・英会話は学ばせたいが、何からやったらいいのかわからない
・そもそも自分は英語が全くわからない・・・
わたし
焦って月額制の高額な英会話教室に通わせる必要は全くありません。
毎週毎週送迎する必要もありません。
あなたが英語を話せなくても、大丈夫です。
「子供に語学を学べる環境」を提供してあげましょう
おすすめの教材は、他と比べて安価かつ効果的、自宅で学べる
セブンプラスバイリンガル

楽天4部門ランキングトップ
  • 英語ランキング第1位
  • 教材ランキング第1位
  • 学び・サービスランキング第1位
  • 通信講座・通学講座教材ランキング第1位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です