小学校の授業の時間割。英語の授業は一週間にどれくらい配分される?



<目から鱗特集>記事を読む前に・・・

無料で英会話教室が体験できる!?

わたし
このサイトに来てくれたあなたは、
今まで以上に英語が必要な時代がやってくると気づいているとおもいます。
あなたは日常生活や仕事で使うことはないかもしれませんが子供が大きくなった時にはどうでしょうか?
英語ができない、それだけで子供の可能性が失われる
「なんでもっと小さい頃から英語を学ばせてくれなかったの?」と子供から問いかけられた時、あなたは子供を納得させられるだけの説明ができるでしょうか?
私には、できません。
今、ほんの少し勇気を出すだけで子供の将来の可能性は無限大に広がります。
想像してみてください、あなたの子供が大きくなった時世界を舞台に活躍する姿を
英語教育をいつまでも先延ばしにしていてはいけないと、あなたは本当は気づいているのではないですか?
まずは無料の英会話教室に親子で参加することから始めてみましょう!
評判の良いものをピックアップしました
どちらも5分で読める記事です
子供の未来のために、5分だけ投資してみてください。後悔はさせません

グローバルクラウン

家族で使えるクラウティ


2020 年から小学校の英語の授業が必修化されます。

小学校の英語の授業時間はどのように変わるのでしょうか。

わたし

最近、授業数が増えてきているって聞くけど、

さらに英語の授業を増やして大丈夫なのかな?

既に「脱ゆとり教育」で授業時間を増えてきており、

英語の授業時間を増やすとさらにタイトなやりくりとなりそうです。

パパ

でも、小学校からの英語の授業って大事だと思うから、

授業数が増えても仕方ないと思うよ。

これからのグローバル時代、海外とのコミュニケーションはますます増えていきます。

英語は小学低学年から始めるのがよいとされており、

この英語必修化への変更は妥当だといえます。

パパ

本格的に英語をやらせたい我が家にとっては、

まだまだ英語に時間数が足りないと思うけど。。

そうはいっても、現場の小学校では授業時間数が増えることで

色々な問題が生じる可能性があります。

英語の授業が増えることでどのような変化があるのでしょうか。

小学校英語の授業時間について

小学校英語の授業はどのように変わっていくのでしょうか。

「小学3・4年生」「小学5・6年生」という学年分けで英語授業が変わっていく予定です。

小学校英語の授業内容

授業内容はどのように変わるのでしょうか。

学年別授業内容
2018、2019年度 2020年度
小学3・4年生 外国語活動
小学5・6年生 外国語活動 「聞く」「話す」に加え「読む」「書く」
が加わった4技能を使った言語活動
わたし

今、小学5・6年生でやっている外国語活動が小学3・4年生に組み込まれている!

なんか、表をみると、完全に前倒しって感じだね。

パパ

小学5・6年生は、自分が中学校の時よりもさらに難しいことをやりそうだね。

小学校英語授業の今後の予定

2020年度の必修化に向けて、2018年、2019年度は、移行期間となります。

学年別授業スケジュール
2018、2019年度 2020年度
小学3・4年生 移行期間 必修化
小学5・6年生 移行期間 教科化
パパ

2018、2019年度は移行期間ってなっているね。

この期間で徐々に英語の授業を増やすしていくだね。

わたし

教科化されると通知表に書かれるらしいよ。

小学校英語の授業時間数

新学習指導要領に基づいた年間の時間数を見ていきましょう。

学年別年間授業数
現在 2018、19年度 2020年度
小学3・4年生 年間15コマ 年間35コマ
小学5・6年生 年間30コマ 年間50コマ 年間70コマ

つまり、小学3・4年生は、週1コマ、小学5・6年生は、週2コマとなります。

わたし

週1コマ~2コマって考えると、少なそうに見えるけど、

年間で考えると大きな変化なんだろうね。

現行と改訂後の年間標準授業時間数の比較

年間標準授業時間数の比較
現行 改訂後
小学3年生 945時間 980時間
小学4年生 980時間 1015時間
小学5年生 980時間 1015時間
小学6年生 980時間 1015時間
パパ

英語で追加された35時間がそのまま年間の授業数に反映されていることが分かるね。

わたし

小学5、6年生で英語の時間数が増えたのに小学4年生の時間数が「1015時間」と同じなのはなぜ?

パパ

国語の時間数が小学5、6年生で減らされて、外国語活動に充てられたみたいだよ。グローバル化を感じるなー。

小学校で始まる英語の必修化って、実際どうなの?学校で不安な問題点

2019年3月22日

小学校の1週間の授業の時間割はこうなる!!

文部科学省が提示しているイメージです。

(参考)小学校5・6年生におけるモジュール授業を用いた時間割の例(イメージ)

 

モジュール
1時間目
2時間目
3時間目
4時間目 〇外国語

(英語)

給食・

昼休み

給食・

昼休み

給食・

昼休み

給食・

昼休み

給食・

昼休み

モジュール ※外国語

(英語)

※外国語

(英語)

※外国語

(英語)

5時間目
6時間目 〇外国語

(英語)

 

〇:各教科等(45分)

※:モジュール(15分)

モジュールでは、聞き取りや発音練習など、45分授業で学んだ表現等を反復により定着させるための活動です。

出典元:グローバル化に対応した英語教育改革実施計画

このイメージの特徴は、

  • 1時間目が始まる前に15分の英語の授業を毎日行う。
  • 給食・昼休みの時間を削って、英語やそれ以外の活動を行う。
  • 45分の英語の授業は週に2コマ行う。
わたし

毎朝英語に触れることができるようになるのはいいと思うけど、給食や昼休みの時間まで減らされちゃうのはかわいそうだな。

パパ

言語教育は、毎日の反復作業が重要だから、仕方ないと思うよ。パツンパツンな時間割だから、色々工夫が必要だね。

その他への教科の影響

基本的には週1~2時間の外国語の授業が追加となります。

そのため、他の教科が影響を受けることは少ないです。

しかし、教科以外にも色々なイベントや活動がありますから、

必要とされる授業数が足りなくなってくる可能性があり、

帳尻合わせが必要となります。

まとめ

① 2020年から新学習指導要領により、英語の授業が変わります。

  • 小学3年生、4年生は必修化
  • 小学3年生、4年生は教科化

② 2018、2019年度は移行期間として、徐々に英語の授業を増やしていきます。

③ 2020年から現在より倍に増えます。

  • 小学3年生、4年生は年間35コマ
  • 小学5年生、6年生は年間70コマ

④ 45分の授業のほかに毎日15分以上のモジュール授業が文部科学省より推奨されています。


これからの未来、「英語がわからない」は通じません。

2020年から小学校で英語が必修化されました
その時に備えて、もう準備は万全でしょうか?
・英会話は学ばせたいが、何からやったらいいのかわからない
・そもそも自分は英語が全くわからない・・・
わたし
焦って月額制の高額な英会話教室に通わせる必要は全くありません。
毎週毎週送迎する必要もありません。
あなたが英語を話せなくても、大丈夫です。
「子供に語学を学べる環境」を提供してあげましょう
おすすめの教材は、他と比べて安価かつ効果的、自宅で学べる
セブンプラスバイリンガル

楽天4部門ランキングトップ
  • 英語ランキング第1位
  • 教材ランキング第1位
  • 学び・サービスランキング第1位
  • 通信講座・通学講座教材ランキング第1位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です