親の過干渉が子どもに与える影響は?私が出会った過干渉親子の話


<目から鱗特集>記事を読む前に・・・

無料で英会話教室が体験できる!?

わたし
2020年から英語必修化だし、
周りもどんどん準備しているから何かやらなきゃ・・・
と思っていたところに友人から
「無料で英会話教室を体験できる」と聞いたので、
口コミや詳細を調べてみました。

グローバルクラウンを無料で試す!

家族で使えるクラウティ を無料で試す


友人
私、子どもが何かやろうとしてると、ついつい口を出しちゃうの。

例えば、服を裏返しに着ようとしてたり、靴を左右逆に履こうとしてたりすると、

子どもが自分で気付く前に、口を出して、直しちゃうの。

ダメって分かってるのに、ついつい。

わたし
「そのままだと間違えるぞ」って、先が読めちゃうから、教えたくなっちゃうよね。

間違えた時に、機嫌が悪くなるとまた面倒だし!

でも、本当は何も言わずに見守るのが良いんだよね。

友人
過干渉な親にはなりたくないんだけど、自分はなってないかと思うと心配。
わたし
あなたは大丈夫だよ!

私、過干渉な親を間近で見てたから、分かるよ!

本当に過干渉な親は、自分で気付かないし、自分の行動を客観的に見ようとしないよ。

友人
そうなの?!

私、大丈夫?! 本当に過干渉な人って、どんな人なの?

気になる !

わたし

長男が幼稚園で3年間、同じクラスだった親子なんだけどね・・・・・

皆さんの周りには、「過干渉な親、または過干渉されている子ども」はいますか?

過干渉されている子どもは、無気力であったり、いつもイライラしたりしています。

これから、我が子が通っていた幼稚園で、実際にあった「子どもに過干渉する親」についてのエピソードをご紹介します。

自分が過干渉な親になりたくない方、もしくは、そうなっていないか判断したい方、

この親子のエピソードを読んで、どう感じるか?

ぜひ試しに読んでみてください。

過干渉ってどんなこと?

まずはじめに、過干渉とは、どんなことなのかご存じですか?

過保護とは違うのでしょうか?

過干渉は虐待の一種であり「保護者が我が子を一人の主体的な人間として認めず、

その子供の意思や思考自我の発達や自主性などを否定して、操り人形のごとく

親の意のままにコントロールしようとすること」である。

一方過保護は、「子供の意思が尊重されすぎ過剰に欲求を満たそうとしたり、

被保護者自身に責任のある状況下で責任を肩代わりし過ぎてしまうこと」である。

よく混同されるが、双方で一致するのは“教育上の問題”という点のみで内容は

全くの別物である。

出典:ウィキペディア

わたし
簡単に言うと、

過保護は、「子どもが望むこと」を過剰に与えることで、

過干渉は「親の望むこと」を過剰に押しつけること、だね

友人
イメージしやすい!

そうなると「過保護」ってさ・・・

子どもが望むことをしてあげたいのは親心、でも、どこからが「過剰に」になるのか、判断が難しいね~汗

わたし

そうなの。

最近では、「一概に過保護は悪いことだとは言えない」と言われるようになってきたの。

子どもを甘えさせてあげるのは、大事なことだから。

幼少期に十分に甘えられなかった子どもは、自己肯定感の低い大人になることが分かったのね

過保護と愛情の線引きは、昔より曖昧になってきてるわね。

過保護な親が与える影響とは!?子どもの自立心を育てる方法

2019年1月28日

過干渉チェック

いくつ当てはまりますか?

過干渉チェック
  1. 子どもがすることを先回りしてやる
  2. 子どものやりたいことを無視したり否定したりする
  3. 子どもの話を最後まで聞かない自分の意見を言う
  4. 幼稚園で何をしていたのか、しつこく聞く
  5. 子どもが失敗したとき、「だからママが言ったでしょママの言うとおりにすれば良かったのに」と言う
  6. 言うことを聞かない子どもに、「○○しないと嫌いになるよ、捨てちゃうよ」と言う
  7. 子どもが自分の思い通りになった時は、欲しいものを買ってあげる
  8. その日に着る服や靴を、子どもが選んだ後に自分の意見で変えさせる
  9. 子どもの友達に対して、「あの子は悪い子だから遊んじゃダメ」と言う
  10. 子どもに対して「あなたのためなのよ」が口癖
友人
!!!!!まずい!

自信がないところが5つもある!

わたし
程度にもよるよね。

「幼稚園で何して遊んだのー?」なんて、子どもとの会話の中で、普通に聞いちゃうし。

この場合は、子どもが答えないのに、無理矢理聞くのが良くないんだよね。

友人

子どもが選んだ服に意見しちゃうときも・・・・ある・・汗

わたし

それも場合によるよね。

だって子どもって、これから公園で遊ぶっていうのに、おしゃれ着選んだりするし(笑)

「子どもが選んだ後に変えさせる」のが良くないみたいだから、選ぶ前にさりげなく、今日の予定を話しながら一緒に選ぶとかすればセーフよね!

友人
よく考えたらさ、自分がやられたら全部いやなことだわ!
わたし
そうだよね!

これを全部、毎日、旦那にやられたらって考えると、ゾッとするわよね! 離婚よ!

子どもだって同じだよね!

過干渉親子のエピソード

友人
ところで、幼稚園で一緒だった過干渉親子って、どんな感じだったの?
わたし
そうそう、過干渉親子の話ね。長男が年少から年長まで3年間同じクラスだったんだけどね・・・・

その過干渉のママは、男の子ひとりっ子のママでした。

そのママのことをKママ、男の子のことをK君と呼びます(※過干渉のK)

よく泣いていたK君

K君は、朝 登園する時に、よく泣いていました。

入園したばかりの頃は泣いている子はたくさんいますので、気にも止めませんでしたが、

数カ月経ってもずっと変わらずに泣いているK君のことが、私はだんだんと気になってきました。

「どうしたの?」と聞くと、Kママは「分からないけど泣いちゃうの」と困り顔。

年少から年中になり、また同じクラスだったこともあり、Kママと話す機会が徐々に増えてきました。

会話していく中で、朝、K君が泣いている理由が明らかになってきました。

Kママは、幼稚園が終わると、K君にその日の出来事を聞きます。

Kママは、「先生にいじめられなかった?」「○○君にいじめられなかった?」というような話し方。

Kママは心配してのことなのでしょうが、これでは、まるで先生やお友達がいじわるだと教えているようなものです。

(先生もお友達もいじわるではないのですよ。ただ、Kママは、はっきりと物を言う先生とやんちゃなお友達のことが苦手だったのです)

Kママは、先生やお友達からK君のことを守っているつもりなのですが、

K君の気持ちをコントロールしていることになっていますよね。

K君は、ママから「先生もお友達もいじわる」だと教えてもらったために、

幼稚園に行くのが怖くなっていたのです。

K君は、年長組になっても同じように、朝、正門の前で泣いていました。

友人
K君、幼稚園に行きたくなくなっちゃうよね。

そんな気持ちで毎日行くの、泣きたくなるよね。

わたし
そうだね。

Kママは、K君のことを心配してのことなんだけどね。

そう思ってる人の気持ちを変えさせるのは、難しいもんだよ。

音楽会では好きな楽器も選べずに

年長組の音楽会での話。

年長組では、みんな、やりたい楽器を選ぶことができます。

木琴、鉄琴、ピアノ、鍵盤ハーモニカ、シンバル、大太鼓、小太鼓、カスタネット、触ったことのない楽器もいろいろあります。

初めて見るシンバルや大太鼓は大人気! 取り合いになります!

K君はというと、Kママにしっかりと指示を受けてきています。

「鍵盤ハーモニカにしなさい。一番人数が多いから、できなくても問題ない」

友人
K君、本当はやりたい楽器があったのかな?

そこまでママが決めちゃうのは、良くないよね。

わたし
うん、それもそうだし、できないって決めつけてるのも良くないよね

ママの実家へお引っ越し

K親子は、幼稚園を卒園後すぐに、隣県にあるKママの実家で

祖父(Kママの父親)と同居することになり、引っ越しをしていきました。

しかし、そこからでは、Kパパの職場が遠くなるため、パパを一人置いてKママと

K君ふたりで引っ越ししていきました。。。。

友人
えー!!!?

パパをひとり置いていっちゃったの?!

わたし
うん、週末婚らしい。

土日はKパパが隣県へ遊びに行くんだって。

Kママは、自分の父親(k君のおじいちゃん)が大好きで、父親と子育てがしたいってことみたい。

どうやら、そこから親子関係がズレてるのかもしれないね

※今回ご紹介したエピソードは、ほんの一握りのお話しです。

過干渉された子が大人になったとき

子どもの頃は、自分の親が過干渉だと気付きませんが、

大人になると、周りとの違和感に気づきはじめます。

その時、子どもは親のことをどう思うのでしょうか?

 

過干渉された子どもは、自立すること=親不孝、と思うようになります。

大人になっても、親の支配から逃れることが困難になります。

まとめ

  1. 自分が、過干渉な親になりたくない、なってはいないか心配、と考えられる人は、まだ余裕があります!  反省すべきところが見えていれば、直すことができるので、大丈夫です!
  2. 本当に過干渉な方は、自分が過干渉だということに気が付きません。全てが「子どものため」だとし、走り続けます。
  3. 過干渉された子どもが大人になったときにどう思うのか。親はそこまで考えて子育てをしていきたいですね。
友人
赤ちゃんの時はママが何もかもしていたけど、成長していく子どもを理解して、一人の人間として見ていかないとだね。
わたし
そうだね。子どもの成長を理解して、見守るってことだよね。

 

 

 

 

 


これからの未来、「英語がわからない」は通じません。

2020年から小学校で英語が必修化されました
その時に備えて、もう準備は万全でしょうか?
・英会話は学ばせたいが、何からやったらいいのかわからない
・そもそも自分は英語が全くわからない・・・
わたし
焦って月額制の高額な英会話教室に通わせる必要は全くありません。
毎週毎週送迎する必要もありません。
あなたが英語を話せなくても、大丈夫です。
「子供に語学を学べる環境」を提供してあげましょう
おすすめの教材は、他と比べて安価かつ効果的、自宅で学べる
セブンプラスバイリンガル

楽天4部門ランキングトップ
  • 英語ランキング第1位
  • 教材ランキング第1位
  • 学び・サービスランキング第1位
  • 通信講座・通学講座教材ランキング第1位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です