海外ドラマ好きが選ぶサスペンス&ミステリードラマ、おすすめ5選!


<目から鱗特集>記事を読む前に・・・

無料で英会話教室が体験できる!?

わたし
2020年から英語必修化だし、
周りもどんどん準備しているから何かやらなきゃ・・・
と思っていたところに友人から
「無料で英会話教室を体験できる」と聞いたので、
口コミや詳細を調べてみました。

グローバルクラウンを無料で試す!

家族で使えるクラウティ を無料で試す


わたし

海外ドラマはお好きですか?

私は、アメリカドラマ・イギリスドラマが大好きです!好きになってすでに50年です。

皆さんは、どんな海外ドラマが好きですか?最近は、レンタルDVDや動画配信サービス、

「スカパー」「WOWWOW」と、色々な形で海外ドラマを見ることができます。

 

私自身が海外ドラマ好きになったころは、まだレンタルビデオもなく、

家庭用の録画する機材もありませんでした。

仕方なく、テープレコーダーをテレビの前に置いて、

後でセリフだけでも、なんて見ていたこともあります。

 

わたし
そんな海外ドラマ好きがお勧めする、サスペンス・ミステリードラマをご紹介しましょう。

おすすめ第5位 プリズン・ブレイク


題名の通り、脱獄ドラマのプリズンブレイク。

殺人容疑で死刑の判決を受けた兄の無実を信じ、刑務所「フォックスリバー」に潜り込み、

兄とともに脱獄を計画するマイケル。

 

第1シーズンでは、フォックスリバーから脱獄した8人でしたが、

FBIによって着実に追い詰められていきます。

 

その後、再びSONA刑務所に入ったマイケルは、家族を人質に取られ、

「ジェームス・ウィスラー」という囚人を連れて、脱獄することになります。

 

といった、ことが続きます。ファイナルシーズンでは脳の病気になってしまうマイケル、

最後のミッションを攻略し、無事関係者は「無罪放免」となりますが、

マイケルはその4年後、病気のため命を落とします。

 

その後も、ファイナルの後、マイケルが亡くなるまでの4年間を描いた「ファイナル・ブレイク

イケルが亡くなってから7年後を描いたシーズン5が放映されています。

 

おすすめ第4位 クリミナルマインド



クリミナルマインド(2005年~)FBIのBAU(行動分析課)メンバーが活躍するミステリードラマです。

クリミナルマインドファンのことを「クリマイファン」と呼ぶなど、日本でも人気の高いアメリカドラマです。

 

BAUが対峙するのは、アメリカ全土をまたがって発生する連続殺人犯やサイコキラーたちになります

犯人の行動を分析し、次の行動を特定し、事件の解決に導くための分析をするのが、BAUの仕事です。

 

BAU(行動分析課)のリーダー、アーロン・ホッチーナー率いるチームはシーズン11で終わりました。

途中からエミリー・プレンティス率いる、新しいチームとしてクリミナルマインドが続いています。

 

エミリーがリーダーになって、ファンからも色々と意見があったようですが、

2019年現在シーズン14の制作が発表されています。

 

シーズン11でモーガンが、12の始まりではホッチが消えて、

主要メンバーが抜けてしまったクリミナルマインドですが、12からエミリーが戻ります。

 

日本ではWOWWOWが先行してシーズン12を見ることができますが、スカパーではまだシーズン11です。

スカパーで見ているクリマイファンの皆さん、ネタバレを見ないで、ホッチがいなくなるその日を待ちましょう。

 

クリミナルマインドにはスピンオフ作品が2作品あり、

CSI-NY主演のゲイリー・シニーズの「クリミナルマインド国際捜査班」、

「クリミナルマインド特命捜査班-レッドセル」がありますが、短いシーズンで幕を閉じています。

 

おすすめ第3位 メジャー・クライム

 

前シリーズ「クローザー(2005年~2012年)」のメンバーそのままに、

第5シーズンからレギュラーで出演していた、

シャロン・レイダーが主演のロスアンゼルス市警「特捜班」を舞台にした

刑事ドラマ「メジャー・クライム(2012年~2018年)」です。

 

日本では、2019年2月にファイナルシーズンの最終話を迎え、

まだまだ記憶に新しい人もいるのではないでしょうか。

この2つのドラマで一番すごい、と思ったのは「クローザー」の最終シーズンで軸となる犯罪者ストロウと、

目撃者でやがてシャロンの息子となるラスティの事件が終わっていなかったところです。

 

たしかに刑事ドラマでよくある、犯人が逮捕されて終わり、ということはリアルではありません。

ラスティが自分を守るために最後にとった手段は。そして、ファイナルシーズンでは、

他のドラマではあり得ないことが起こり、ファンを驚愕させています。

 

 

わたし

シリーズ通して一番シャロンが好きだった私は、シーズン半ばのその出来事で本当にショックを受けました。

そして感動のファイナル!ぜひ、見てほしいミステリードラマです。

 

 

 

おすすめ第2位 ホワイトカラー

ホワイトカラー(2009年~2014年)は、その名の通り「詐欺事件」を中心に、

アメリカで巻き起こる犯罪を解き明かすミステリードラマです。

 

元天才詐欺師ニール・キャフリーとFBI捜査官ピーター・バーク(FBI知能犯専門チームリーダー)のコンビ、

そしてニールの友人のモジーが、だましだまされながら、互いの信頼のもとに事件を解決していきます。

 

ニールは元詐欺師ということもあり、ニールの弱みを握る犯罪者との戦いもあり、

常に目が離せないドラマ展開になっています。時に、自分たちは悪党だ、と開き直るモジーに振り回されながら、

時にピーターを裏切りたくないと葛藤しながら。

 

また、ニールをだます美女たちの数々も見どころです。 

2人のやり取りは、見ている人の予想を上回る行動に発展していきます。

2014年に、ニールの死によって、2人の関係は終了、ニールを狙う犯人から関係者たちも開放されます。

 

しかし実は…。それを知るのは、ピーターだけ。

最後まで世間をだましつくしたニールに、すべての人が完敗!そんな最終回です。

 

おすすめ第1位CSIシリーズ」


アメリカの本格科学ミステリードラマ「CSIシリーズ」です。

 

2000年、「トップガン」「アルマゲドン」のジェリー・ブラッカイマー総指揮・監督

「本格科学ミステリー」というキャッチコピーで始まった「CSI科学捜査班」も2015年2月に、

長いシリーズを終えました。

その後、9月にシリーズ最後のエピソードが放映、それを最後にシリーズは、ひとまず幕を閉じます。

 

視聴者数は世界中で2000万人を超えるといわれる、大人気の科学捜査ミステリードラマです。 

本編の「CSI科学捜査班」の他に「CSIニューヨーク」(2004年~2013年)「CSIマイアミ」(2002年~2012年)

「CSIサイバー」(2014年、2015年)の4つのスピンオフシリーズもありましたが、

すでに全作品が完結を迎えています。

 

しかし、2015年にシリーズが終わってもなお、日本国内でもCSIファンは多く、

スカパーでは、数えきれないほどの再放送が放映されています。

 

当時、アメリカドラマの一番人気といえば、日本でも長く放送されていた「ER緊急救命室」で、

それまでの医療ドラマにはない生々しい演出が話題になっていました。

そのERの人気を抜き去ったのが、「CSIシリーズ」です。CSIも、ERに負けないほどの、

リアルな描写で、その後のアメリカミステリードラマの原点になっています。

 

オリジナルシリーズだけでなく、全てのシーズンが長編に渡っているため、

主要な登場人物も、野球漫画並に多いです。

 

わたし

私が一番好きだったのは、ジョージャ・フォックス演じる「サラ・サイドル」

ジョーイ・イーズ演じる「ニック・ストークス」です。それだけに、ニックが透明な棺桶に入れられて土の中に埋められてしまった第5シーズンの「CSI“12時間”の死闘(前後編)」は、

本当にドキドキしながら観たのを覚えています。

 

同じようなエピソードで、サラが模型連続殺人犯によって拉致され、

車の下敷きになったまま、豪雨にさらされ…シーズン7「殺人模型の正体」、

シーズン8「殺人模型崩壊」の話も忘れることができません。

その後、師であるグリッサムと結婚するも破局。ラストエピソードで再び、

グリッサムと一緒に生きるためにCSIを辞めたのが、見ていて嬉しかったです。

 

CSIマイアミ、CSIニューヨーク、CSIサイバーとどのシリーズをとっても

全てのミステリーの原点ではないか。と思われる素晴らしいエピソードばかりです。

 

その他のオススメ海外ドラマ

 このほかにお勧めの新旧ミステリー、サスペンス作品は次のようになります。

  • チャーリーズエンジェルス        (1976年~1981年全5シーズン)
  • 華麗な探偵ピート&マック        (1976年~1978年全3シーズン)
  • 刑事コロンボ          (1968年~1978年)(1989年~2003年)
  • ハーディ・ボーイズ&ナンシー・ドルー     (1977年~1979年 不明)
  • ミセス・コロンボ           (1979年~1980年 全2シーズン)
  • 探偵レミントンスティール       (1982年~1987年 全5シーズン)
  • ジェシカおばさんの事件簿       (1984年~1996年 全6シーズン)
  • 探偵ハード&ハート          (1981年~1982年 全2シーズン)
  • 名探偵ポアロ                (1989年~2013年 不定期)
  • 24 TWENTY FOUR         (2001年~2014年全9シーズン)
  • 名探偵モンク                    (2002年~2009年)
  • コールド・ケース迷宮事件簿      (2003年~2010年 全7シーズン)
  • BONES                (2005年~2017年全12シーズン)
  • キャッスル ミステリー作家は事件がお好き(2009年~2016年全6シーズン)
  • NCIS ネイビー捜査班                 (2009年~現在)
  • SHERLOCK/シャーロック       (2010年~2017年 全4シーズン)
  • 刑事ジョン・ルーサー                  (2010年~現在)
  • ニキータ                (2010年~2014年全4シーズン)
  • ナンバーズ-天才数学者の事件ファイル  (2011年~2013年 全3シーズン)
  • パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット(2011年~2016年 全5シーズン)
  • ボディ・オブ・プルーフ-死体の証言   (2011年~2013年 全3シーズン)
  • トリック~難事件はオレにお任せ         (2018年 全1シーズン)

もちろん、このほかにもたくさんの海外ミステリードラマがあります。

「X-ファイル」「LOST」「HEROES」など、上げたらキリがありません。

 

この中でも、一番のお勧めは「ヒラリー・クリントン氏」

「ローラ・ブッシュ(ブッシュ元大統領夫人」の人生にも影響を与えた、

と言われる「ナンシー・ドル―」シリーズです。

 

今でもアメリカドラマのセリフのあちらこちらに「ナンシー・ドル―」という人物名が出てきます。

また、日本人作家、桜庭一樹の「ゴシック~アメリカ編」ではこの名前をもじった登場人物が、

事件のキーパーソンになります。

 

1980年代NHKで放映されていた「ハーディ・ボーイズ&ナンシー・ドルー」は、現在日本で見ることはできません。

その後2007年アメリカ映画「美少女探偵ナンシー・ドリュー(エマ・ロバーツ主演)」は、

ワーナーで、デジタル配信されています。

 

1980年代に「金の星社」からジュニア向けの日本語訳の小説がありましたが、

2010年から新しい出版社「創元推理文庫」から再販されています。内容はジュニア向けですが、

「ジェシカおばさんの事件簿」同様に、見るとはまる作品です。ぜひ、一度ご覧下さい。

 

まとめ

海外ドラマの中でも、アメリカドラマはリアルな描写が、世界中にファンを広げています。

英語を勉強したい、という人の中には、吹き替え版ではないものを頑張って見る人もいるそうです。

アメリカドラマ、イギリスドラマに加えて、

最近はフランスミステリードラマや北欧ミステリードラマも配信されています。

わたし
ぜひ、自分だけの「オシ」作品を見つけてみてはいかがでしょうか。

 


これからの未来、「英語がわからない」は通じません。

2020年から小学校で英語が必修化されました
その時に備えて、もう準備は万全でしょうか?
・英会話は学ばせたいが、何からやったらいいのかわからない
・そもそも自分は英語が全くわからない・・・
わたし
焦って月額制の高額な英会話教室に通わせる必要は全くありません。
毎週毎週送迎する必要もありません。
あなたが英語を話せなくても、大丈夫です。
「子供に語学を学べる環境」を提供してあげましょう
おすすめの教材は、他と比べて安価かつ効果的、自宅で学べる
セブンプラスバイリンガル

楽天4部門ランキングトップ
  • 英語ランキング第1位
  • 教材ランキング第1位
  • 学び・サービスランキング第1位
  • 通信講座・通学講座教材ランキング第1位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です